"人間は習慣の塊" 恋を呼び込むための習慣行動とは

「私はこうなりたい」という理想があるのに、なかなかなれずに自己嫌悪。ダイエットを始めてもすぐに挫折してしまい、「婚活するぞ!」と意気込んでも面倒になってやめてしまったり。それはあなたが大きな目標を立てて、自分で自分のハードルを上げているからです。なりたい自分になるために、もっと簡単なことから始めてみませんか? きっと1年後にはあなたの望む自分になっているはずです。

「人間とは習慣のかたまりである」


「人間とは習慣のかたまりである」、こう言ったのは米国の心理学者、ウィリアム・ジェームズ。習慣とは「それをやろうかどうしようか」と考えることなく、すでにやっているもののことです。頭で考えなくても、行動していることってたくさんありますよね? 家に帰ってきたらまずテレビをつけるとか、朝起きたらまずコーヒーを淹れるとか。人間の行動の約8割が習慣で成り立っているのだそうです。その習慣のひとつに、なりたい自分になるためのきっかけを組み込みましょう。

ハードルを低くする


「今年中に彼氏を作る!」という目標を立てたとして、すぐに合コンで理想の王子様が現れるわけではありません。頻繁に合コンへ行くのを習慣化するのもいいですが、お金もかかりますから、いつの日か足が遠ざかってしまうでしょう。
そこでおすすめなのが、たとえば毎日必ず、異性に話しかける、というような行動習慣。「おはようございます」と仕事仲間に挨拶するのもいいですし、コンビニで買い物したときに黙って受け取るのではなく、「ありがとう」と言って商品を受け取るんです。すでに気になっている異性がいるなら、「その人に挨拶をする」ということから習慣化してみてくださいね。
恋愛がなかなかできない人というのは、自分の生活の中に異性を意識する場面がないことが多いのです。ヨレヨレの服でも平気で着ていませんか? それは周りの目を気にしなくなっているサイン。ますます恋は遠ざかってしまいます。

明日も明後日も……と考えない


EDITOR

鈴木ナナ/studio woofoo

お酒と食べ歩き、人間観察が趣味のフリーライター。心理カウンセラーの資格を有し、夜な夜な面白い人を探しに街へ繰り出すのが趣味

関連記事