男性が「されて嬉しい心配」「嬉しくない心配」って? 世話好き女子になりすぎないための心得

女性は人を心配したり、世話をしたりするのが比較的好きな人が多いですよね。母性本能については諸説ありますが、小さな女の子を見ていると、やはり生まれつき備わっている資質なのかな? と思わされる瞬間もあります。好きな男性や彼氏に対しても「心配・世話をしてあげたい」という女性は多いと思いますが、時にその態度がマイナスになってしまうことも。男性が「されて嬉しい心配」と「あまり嬉しくない心配」について心得ておくと、良好な関係維持に役立つかもしれません。

「仕事」のことを心配されると、無能な気がしてくる!?


まず「あまり嬉しくない心配」の代表例は、「仕事」に関すること。ひと言ふた言くらいならいいとしても、あまり過度に心配をされると、男性は「あなたにできるの?」と言われているような気分になり、自分が「無能」な気がしてきてしまうのだとか。

これは女性と大きく違うポイントですよね。仕事で不安や悩みを抱えているとき、女性の多くは、好きな男性が心配してくれたら気持ちが和らぐし、「味方がいてくれると思えて嬉しい」と思うことでしょう。

男性も心配してくれる気持ち自体はありがたいと思うようですが、できればあまり心配の態度を見せず、「あなたなら大丈夫」と遠くから信頼する態度でいていたほうが「嬉しい」と感じる人が多いようです。あまり心配したり世話したりという態度は、「誰かに手取り足取りサポートされるより、自分の力でできるようになりたい」「自分の力で成し遂げて賞賛されたい」、そんな男性特有の自立心を削いでしまうのかもしれませんね。

もちろん男性にも色々なタイプがいますし、本人からヘルプがあったときは、可能な限り応えてあげればいいと思います。ただ、特に求められていないのなら、「信じて放っておく」ほうが喜ばれるケースもある――ということだけは、心得ておくとよさそうです。

体調が弱ったときは、素直にうれしい!


一方、男子が素直に「心配されてうれしい」と思う代表例は、体調が弱ったとき。風邪で寝込んだり、怪我をしたり体調不安があったりするときは心配も世話焼きも大歓迎で、「むしろ放って置かれると落ち込む!」なんて男性意見も得られました。

関連記事