”開きっぱなし”がブス度を加速 モテない原因を作る3つのポイント

オシャレをしたりメイクをしたり、一生懸命キレイになろうと努力しているのにイマイチモテない……。なんて悩んでいませんか? しかもそれを、「ブスに生まれたから」と顔だけで自分を納得させていないでしょうか。
あなたがモテないのは、ある部分が開いているからかもしれません。それさえ気をつければ確実に美人度アップ! さてどこが開いているのでしょう? さっそく、自分の姿をチェックしてみてくださいね。


電車の中でよく足を開いて座っている人、見かけませんか? ガバッと大股開きで座っている人。大股開きまで行かなくても、足が開いちゃっている人。パンツスタイルだとしても、ましてやミニスカートなどを履いているなら目も当てられません。完全にブスの領域。どんなにキレイな顔をしていても、足を開いて座っていれば大きな減点です。電車の中やカフェなど、しきりに携帯をいじっていて自分の足開きに気がつかない人が多いのです。対面に人がいる場合は特に注意してくださいね。自分が思っている以上に、だらしなく見えていますよ。

カバン


カバンが開いたままになっている人は注意しましょう。東京慈恵会医科大学教授の中山和彦先生によると、カバンはその持ち主の心理状態を表しているのだそう。物がパンパンに詰まったカバンは、それだけ持ち主が不安を抱えているということ。
開きっぱなしのカバンは無防備な状態を表し、口のしっかり閉じたカバンを持つ人は安定型。足を開いているときもそうでしたが、無防備というのは隙だらけということです。緊張感がない状態です。大らかとも言えますが別の見地から、開きっぱなしのカバンを持つ人は、性的にだらしがないという意見もあります。
閉められるものが開いているというだけで、ガサツに感じませんか? 開いているということは、カバンの中身も見えているわけです。さらにそこがグチャグチャだったら完全にブス認定です。


本当にこれは×! どんなにキレイな人でも、口が半開きになっちゃっている人ってブスにしか見えません。これまた無防備というか、口が開いていることに自分で気がつかないんですね。携帯に夢中になっているとき、誰かの話を聞いているとき、テレビを見ているときなどなど……。

関連記事