カラコンからはそろそろ卒業? カラコンが男性ウケしない理由

以前知人からこんな話を聞きました。

「私はすっぴんの目がコンプレックスで、外出するときは常に大きいブラウンのカラコンをつけているんだけど、彼氏からはすごい不評で。『それ本当に自分で可愛いと思ってるの?』『変だよ』とバッサリ。カラコンって女子ウケは良いのに、なんで男性からは敬遠されるんだろう……」

こんな彼氏との会話、カラコンユーザー女子にはあるあるではないでしょうか。
カラコンって一回つけるとなかなか手放せなくなるんですよね。中には「どんなにすっぴんになれと言われても、カラコンだけはどうしても外せない」という人も。しかし普段メイクやファッションにはあまり口を挟まない男性が、なぜカラコンだけには手厳しいのでしょうか。

1.目が合わない


・「カラコン女子と会話していても目が合わないんだよね。なんか機械的で冷たい印象を持つっていうか……」(20代/運送)

“目は口ほどに物を言う”とは良く言いますよね。カラコンで瞳の奥をふさいでしまっていると、まるで人形と話しているようで本当の深層心理が分からなくなってしまいます。彼と本音でぶつかり合いたいときは、カラコンは外した方が良さそうです。

2.本当の可愛さが失われる


・「別にカラコンしなくたって可愛い子いっぱいいるよね。その子なりの良さがあるのに、最近の子ってやたら目をデカくしたがるじゃん? 量産的でみんな同じ顔に見えちゃう。逆に『今日あんまリメイクできなかったから見ないで~』とか言っている女子の顔の方が自然でいいなって思う。一重の子が好きな男って結構多いから、わざわざカラコンとか入れる必要ないよ」(30代/出版)

男性はみんなナチュラルメイクが好きですよね。基本的に女性が「今日は薄いかな?」と思うメイクについては何とも思っていませんが、やりすぎメイクにはギョッとしています。パッチリ二重や黒目を大きくすることばかりにとらわれるのではなく、自分の個性を生かしたメイクをした方が男性も魅力を感じるのかも知れませんね。

3.すっぴんとの差が激しすぎる


EDITOR

平成生まれ。フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・美容について執筆中。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」

関連記事

今、あなたにオススメ