気にしすぎは厳禁! 濡れにくい女性のための解決策3つ

あなたは、「濡れやすい」ですか? それとも「濡れにくい」ですか? 性行為に欠かせない「愛液」の話です。愛液……正式には、膣分泌液といいます。ここでは、後者タイプの「濡れにくい女性」に的を絞り、解決策を考えていきましょう。

濡れにくい自分に対する罪悪感を手放そう


解決策云々の前に! まずは、「濡れにくい自分」に対する罪悪感を手放しましょう。愛する男性に抱かれているにも関わらず、濡れないカラダが申し訳ない……そんなふうに自己嫌悪に陥る女性が少なからず存在します。

特に、「気持ち良い! けれども濡れにくい」というケース。演技だと誤解されないか、不安になる女性もいるでしょう。そんなふうに負のループに嵌ってしまうと、緊張でますます濡れにくくなってしまいます。「気持ち良い! けれども濡れにくい」ではなく、「濡れにくい。でも気持ち良い!」と、考え方を変えるだけでも、うんと気がラクになりますよ。

意識的に「水」を飲もう!


精神論だけではなく、具体的解決策もご提案しますね。水分です! 水分不足の女性は、濡れにくい傾向が強いです。

私事で恐縮ですが、数年前にフロントコンシェルジュの職に就いていた時期は、仕事柄そう簡単にトイレへ行けなかったので、日常的に水分摂取を控えていました。そのため、当時は濡れにくかったです。

比較的トイレに行きやすい事務職に転職し、水分を摂るようになってからは、濡れるようになりました。濡れにくい女性は、意識的に水分を摂る習慣をつけると良いですよ。性行為直前にガブ飲みするのではなく、日常的な水分摂取を心がけてくださいね。

ローションの活用も選択肢の一つ


ローションに頼るのもアリです。塗り過ぎは感度を鈍らせますが、適量のローションは愛液不足解消だけでなく、お互いの快感を高めるメリットもあります。性器だけに塗ると、愛液不足の事実が際立ってしまうので、全身マッサージの意味合いも込めて、バストに垂らしてウォーミングアップを。

EDITOR

菊池美佳子

1977年3月17日生まれ。岩手県盛岡市出身。21歳~29歳まで、舞台女優のかたわら、様々なナイトワークを体験。29歳で引退後、コラムニストに転身

関連記事

今、あなたにオススメ