独身主義男子が急増中! 「いつまでたっても結婚してくれない」独身主義者の見抜き方

「ごめん、俺、誰とも結婚する気、まったくないんだ……」

男というものは“女にとっての一大事”を平気で隠したまま、いけしゃあしゃあと女との交際を続けられる生き物である。
こちらは本命として何年も付き合ってきたのにあとから「オレは独身を貫く」なんてことを知らされてもどうすることもできない。

今日のコラムでは「実は独身主義者の男性」を見抜くポイントをまとめたので、結婚したい女性は時間をムダにしないためにも活用してほしい。

1.時間と給料を趣味につぎ込む男


「服や車、フィギュアや鉄道模型の収集とかなんでもいいけど……。『趣味にお金を掛けすぎる男性』は要注意です! 前付き合ってた男性はものすご~い“鉄オタ”で、休みのたびに私を放って電車に乗りにいっちゃう人だった。それでも収入はいいし仕事も安定してたから寂しさをこらえて付き合ってたんだけど、ある日『結婚しても今の生活を変えるつもりはない』『嫁さんにするなら僕と同じスタンスの人』って言われてもうこりゃダメだと……。そういう人の“今の生活を変える気はない……”人に関わるだけ時間のムダだと思った」(30代・広告)

――“一点集中型でなにかにのめり込んでいる男性”“趣味にかなりのお金をつぎ込んでいるような男”というのは、たとえ本人が気付いていないにしても「潜在的独身主義者」である。
彼らは人並みに「結婚? うん、いつかはするつもり……」「俺も家庭は持ちたいと思ってる」などと口走るが、それに騙されてはいけない。彼らが一番に愛しているのは「俺の時間」や「趣味」であり、それをジャマしない「都合のイイ妻子」でなければ欲しくないのだ。休日はいつもどこかに行ってしまうなどの行動が見られたら、たとえ結婚できたところで彼の趣味の次……「セカンド」になる覚悟をしよう。

2.自分の部屋に女を入れない男


・「元カレはかなりクールな人で、自分の“エリア”に私を入れてくれない人だった。デートはいつも私の家。『たまにはあなたの家にも行きたいな~』って言っても『汚いし狭いから来てもいいことないよ』と返されるだけで……。

EDITOR

神崎桃子

体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事