目指せほのめかし上手! "好き"を上手にアピールしたいときのコツ

好きな人ができたけど、いきなり告白はできないし――。そんなときは上手に好意アピールをしていきたいもの。しかし、引かれたり、気まずくなったりしないくらいの上手なアピールって意外と難しいですよね。好意の“ほのめかし”上手になるヒントをご紹介します。

恋愛感度の「鈍い」相手には、強めのアピールを!


世の中には、ちょっとしたアピールでも好意を感じ取る(勘違いも含む)敏感な人もいれば、かなり鈍く、なかなか他人の好意に気づかない人もいます。敏感な人に対しては出しすぎないほうがベターですし、逆に鈍感な人に対しては、出しすぎるくらいでないと効果が出ません。人によって“恋愛感度”は違うので、相手によって調整していきましょう。

注意したいのは、好意アピールに相手が反応しないからといって、「鈍いタイプに違いない!」と思い込んでグイグイ押しすぎること。あえて「気づかないふり」をされている場合もあるからです。相手が異性の好意に敏感か、鈍いかの判断基準は、(1)恋愛経験が人並み以上かどうか、(2)同性と恋の話題を多くしている様子かどうか、(3)人間関係での距離の取り方がうまいかどうか――などが参考になるでしょう。恋愛経験が多かったり、なんだかんだと異性の話をしている機会が多そうだったり、全般的に職場等での人付き合いがうまかったりする人は、異性からの好意に鈍くはない可能性が高いと思います。

好意を出す加減を調整できるようになろう


さて、“ほのめかし上手”になって恋の勝算を上げるには、好意を出す加減をコントロールできるようになるのが理想です。不得意な方は、以下のような段階を意識するといいかもしれません。

【レベル1】 言葉にせず、身体表現で表現する程度……例)目を合わせる、よく笑う、手や体が不意に触れても嫌がらない、など。

【レベル2】 「社交辞令」と受け取れるくらいのライン……例)「またご一緒しましょう」「私そういう人、嫌いじゃないです」「眼鏡がよくお似合いですね」など。

関連記事