ケンカを避けるために! 男子がひそかに実践している「彼女の立て方」4選

恋愛においても仕事においても、相手のことをうまく立てることができれば、かなり相手に好かれるものですし、相手の立て方くらいはオトナとして知っておきたいところでしょう。
カジュアルなカウンター・バーで、隣のお客さんの立て方を知らないと、飲んでいてもつまらないですしね。
さて今回は、じつは男子がひそかに実践している「彼女の立て方」に迫ります。
男子は、彼女をどんなふうに立てようとしているのか?
さっそくご紹介しましょう!

1.「用事がある」と言われても、「わかった」としか言わない


「デートの日程を決めるとき『その日は用事がある』と彼女が言うときがあります。用事ってなに? と、ぼくは聞きません。浮気してるの? とか、そんな詮索をしてもあまり意味がないし、彼女に失礼でしょ?」(28歳・コンサル)
これもひとつの「相手の立て方」でしょう。相手を立てるというのは、(どこまでも)相手のことを信用するということでもあるのですから。

2.「お先にどうぞ!」


「彼女の立て方ですか? たとえば飲食店でお先にどうぞというようなことをしています」(25歳・教材販売)
定番ネタですよね。「レディファースト」は奥が深いものかと思いますが、最低限これくらいはやってほしいと思っている女子も多いのではないでしょうか。

3.生理期間中は……


「彼女の生理期間中は、ぼくはおとなしくしています。エッチしたくても我慢です。怒りたいことがあっても我慢です」(28歳・建築)
少しばかり女性に詳しくならないと、こういう「女子の立て方」ってできないのではないかと思います。
あらぬケンカを乗り越えてこないと、男として、なかなかこういう女子の立て方はできないのではないでしょうか。

4.彼女が怒りたいときは「すべて」怒らせる


「あまり彼女のことを立てた覚えもありませんが、彼女が怒りだしたら、彼女の気が済むまで怒らせるようにしています」(27歳・生保)
女子の立て方の最高峰という気がしなくもありませんが、いかがでしょうか。

EDITOR

ひとみしょう

作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事