デートの会話が続かない…そんな時に男が考えていること

もともと知り合い同士であっても、ほぼ初対面のお見合い的なものであっても、最初の頃のデートは、会話が続かないことが多いですよね。
女性の立場としては、非常に気まずい気分になると思いますが、相手の男性も同じことを考えています。
5200件以上の恋愛相談を受けていると、男性の方がより真面目に「会話が続かなかった」と、悩んでいることが多いですね。

今回のコラムでは、会話が続かないデートでの男性の本音をもとに、女性がどうヘルプしたら恋が実るかをコラムでお伝えします。

1.「彼女は、自分といてつまらないのではないか」と考えてしまう


会話が続かないデートで、もっとも考えられてしまうことがこれ。
多少の沈黙は仕方がないとしても、2時間のうち30%以上が沈黙ですと「彼女は、自分といてつまらないのではないか?」と、彼が自信をなくす場合があるのです。

女性からすると、ちょっと面倒かもしれませんが
「今日、とても楽しみにしてきました! 私、あまり会話を続かせるのがうまくないから、伝わらないかもしれないですけど……」
と、伝えてあげるのがいいでしょう。

2.プライドが折れる


人によりますが、会話が続かない男性というのは、どちらかというと真面目なタイプが多いです。
そのため、会話が続かない→自分がダメなのかもしれない→会うのをやめよう……という思考となり、2回目の誘いが来ないという事態にもなりえます。
この場合も、1と同じで「楽しみにしていた」ということは、女性のあなたから伝えてあげるのがいいでしょう。

会話を続かせるために、女性ができること


本当いうと、デートの会話は男性にリードしてもらいたいもの。
しかし、最近はそれを願っていては、なかなかカップルになれません。女性がデートの会話でできることもあるので、3つ挙げていきます。

1.とりあえず、話題は自分からも振る


相手に話題がないのであれば、あなたから話を振るのが一番いいでしょう。
話題がないなら、現在見えている景色や人について話すのでも構いません。相手が身に着けている小物などを褒めるのでもいいでしょう。

EDITOR

橘つぐみ

つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなくポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!(講談社)』他

関連記事