色気はコンプレックスから作られる? マイナスを隠さず有効活用すべき理由【漫画】



ルックスの善し悪しに関係なく強烈な色気を放っている人って、たまにいます。そういう人は他の人と何が違うのでしょう?

生きていく上で1、2番目くらいに色気が大事だと思っている筆者は、昔から色気について、ことあるごとに考えてきました。
そしてあるとき気がついたのが、「色気はコンプレックスから作られるのではないか」ということです。筆者が思う「強烈な色気を放つ人」を並べてみると、ある共通点があったのです。それは男女関係なく、どことなく不安定な部分があり恥ずかしそうであること。近づいたら吸い込まれそうな空気感をまとっていること。そして人の目をじっと見るということ。

たとえば上で例に上げたセルジュ・ゲンスブールは、決して美男ではありません(むしろ若い頃は醜男とされていました)。ちょっとおブスが売りだった女優のレネー・ゼルウィガーは、映画『シカゴ』や『ホーリー・マウンテン』で、共演の女優を喰うくらいの迫力と色気を放っていました。美男美女で通っている俳優のインタビューなどを読んでみても、彼らは意外なくらいにコンプレックスを抱えていたりします(家族関係や生い立ちが、悲しいものであることも多いです)。またいったん持ち上げられてその後突き落とされ、見事に復活した有吉弘行や吉田栄作、宮沢りえなどは、持ち上げられていたときよりも復活直後あたりの方が、実にいい感じの色気を放っていました。

色気とは、挫折や傷、恥じらい、人より強い感受性などから育まれ、熟成され、ある容量を超えた時点で、その人の内面から溢れ出すものなのではないでしょうか。同時に、そのコンプレックスをカバーするようなあれこれの工夫(見た目的にも内面的にも)。その2つが合わさって強化される気がします。それは作為的に出したり引っ込めたりできるものでもなく、滲み出てしまうもの。意識した時点で消えてしまうもの。

グラビアモデルやホステスなどが放つ色気は、「商品として作られた特殊な色気」なので、筆者がここで言っている色気とはちょっと違います。そして、あえて一般人が目指さなくてもいいものだとも思います(芸者さんのそれはちょっと取り入れたいですが)。

EDITOR

アオノミサコ

イラストレーター/漫画家。美容から神事、ディープスポット巡り等の漫画やコラムを執筆。著書『わがままセラピー入門』(KADOKAWA)

関連記事

今、あなたにオススメ