女子の怒りとは裏腹に…「浮気をしている男子」の意外なホンネ4選

自分の彼が浮気をしているとなると、もう怒り狂って別れてやると思う……女子の気持ちって一般的にはこういうことではないかと思います。
でも、浮気をしている当の本人は、また別のことを考えていたりします。
今回は、浮気をしている男子のホンネに迫ります。
さっそくご紹介しましょう!

1.しんどいから浮気をやめたい


「浮気をしていたら、ウソをつかなくてはならないし、スケジュールの調整も大変です。もう浮気はやめたいなと思います」(27歳・IT)
浮気をしている女子だって、きっとお忙しいのだろうと思います。スケジュールの調整は必要だし、ウソをいっぱい考えなくてはならないし……。ウソの整合性もとらなくてはならないし……。

2.お金がない!


「浮気をしていたら、お金があっと言う間になくなってしまいます。困ったなあと、毎月お給料日前に、頭を抱え込むことになります」(29歳・商社)
本命の彼女とのデートは割り勘でも、彼女は怒らないけれど、浮気相手は割り勘にされると怒る……こういうのも、ひとつの「浮気あるある」かもしれません。
女子って、恋愛において(あるいはエッチにおいて)、なにがしかの代償を欲しがる生き物なのでしょうか?

3.掃除が忙しくてしかたない


「お金がないので、浮気相手も本命の彼女も、ぼくの部屋に連れ込みます。部屋の掃除が忙しくてしかたありません」(25歳・教材販売)
長い髪の毛とか、あっちのほうのヘアって、あらぬところに出没するので、なにかと掃除が大変なのでしょう。

4.淋しい


「何人もの女子と恋愛してもエッチしても、淋しさが消えてなくならないので、不思議です。毎日のように誰かと肌を触れ合わせていても、ぼくは淋しいままです」(27歳・飲食)
淋しいから恋愛するとか、淋しいからエッチをするというような人は、男女問わずたくさんいるかと思います。
淋しさは、他人にどうにかしてもらうような感情ではないので、浮気をしてもしても淋しくなる……あるいは浮気するごとに淋しさは増してゆく……こういうことになったりするのでしょう。

関連記事