「変わりたいけれど変われない」ほんとの理由

「やりたくない」と思っていても、それを本当にやめてしまうには勇気が必要ですよね? 「仕事がイヤだ」と思いながらも毎日仕事に行き、変わらぬ日々を送り続けているあなた。「変わりたいけれど変われない」というジレンマは、実は「ホメオスタシス」や「ストレス」によるものでした。これは一体何者なのでしょう。
これらを知って上手に付き合えば、大きく変われる可能性があります。あなたが欲しがっている“ワンランク上の世界”が手に入るかもしれません。

ホメオスタシスとは「変化を戻そうする無意識の行動」

 
ホメオスタシスとは「恒常性」とも言われるもので、生理学者キャノン.W.Bの提唱した概念のことです。
たとえば運動をして汗をかくという行為は、運動したことによって急激に上がった体温を、正常に戻そうとして発汗しているわけです。これがホメオスタシス。風邪を引くと熱が出るのも、ケガをすると傷口をふさごうとするのもすべてホメオスタシスです。安定していた頃の状態に戻そうとするんですね。

そしてこれは精神的な部分でも、起こり得ることです。
たとえば、淡々とした日々を過ごしている人が、何かのきっかけで情熱的になったり、感情的になったりしたとします。するとあるところで急に、「なんでこんなにテンションが上がっているのだろう? くだらない」と気持ちを冷まそうとする感覚になります。また、今までモテたことのなかった人が、突然告白されて恋人ができたなら、「幸せすぎて怖い」と感じ始めます。そしてその幸せを信じられなくなったり、「遊ばれているだけだ」とその恋を終わりにしようとすることがあります。変化に耐えられず、モテなかった自分に戻ろうとするわけです。

変化した結果のストレスは精神的ダメージとなる


イヤな職場から解放されて、別の仕事をしたいと思っていても、実際に転職しようとするとやるべきことがたくさんあります。しかも転職した先が満足のいくものではなかった場合、徒労に終わってしまいますよね? その先の未来もまた不安になってきます。「それなら今のまま仕事を続けたほうが、安全で確実だ」とホメオスタシスはささやきます。

関連記事