気になる男子がついている嘘を見抜くには

頻繁に活用するかしないかはさておき、誰もが何かひとつのSNSには登録しているのではないでしょうか? そこに掲げられるプロフは、約80%の人がどこかに嘘を書いていたり、盛っているのだそうです。

そのため、「嘘を見抜くには……」なんていう記事もよく見かけます。しかし果たして本当に、これだけの情報だけから嘘を見抜けるものなのでしょうか? 恋

嘘を見分ける方法とは


コミュニケーション科学を研究するウィスコンシン大学のカタリーナ・トマ教授とコーネル大学のジェフリー・ハンコック教授は、出会い系サイトに掲載された自己紹介文を研究し、嘘を見分ける方法を発見しました。

1.嘘が多くなればなるほど、「私は」という一人称を使う量が減る


本当の自分と嘘の自分の間に距離を取ろうとするから、嘘が多くなればなるほど、「私は」という一人称を使う量が減るのだそう。これは警察が取り調べの際にも、ひとつの判断ポイントとしている部分だったりします。「ウソをつく人は『心理的負担を減らしたい』と無意識に思っている場合が多く。「第三者」のような話し方をする人は、ウソをついている場合がほとんど」なのだとか。

2.複雑な嘘にならないよう、文章は短めになりがち


トマ教授は、「嘘つきは多くの負担を感じています。彼らは多くのことを考慮しなければいけません。覚えておくべきことを少なくするため、ウソをついているとプロフに書く量が少なくなるのです」と主張しています。なるほど。確かに嘘がうまい人というのは、全部に嘘をつくのではなく、肝心なポイントでしか嘘をつきません。あれこれ嘘で塗り固めると、自分でも混乱してしまうからです。

しかし、必ずしもこれらの法則が当てはまるわけではなさそうです。

そもそも「私は」という一人称を使う人というのは、自己顕示欲の強い人が多いという説もあります。そういった人は自己主張が強く、「私はこうなのだ」と言いたがります。また自己顕示欲の強い人は、総じて話を盛る傾向にあります。自信がないために自分を大きく見せようとするとか、注目を集めるためにいくつもの理論武装をします。そこに自然と嘘が仕組まれていくのです。なので一概に、「『私は』の回数が少ないから嘘つき、多いから正直だ」とは言いきれないということになります。

関連記事