尽くしすぎる女性は要注意! 優しい性格の女性ほど幸せになれない理由

「好きになったらトコトン相手に尽くしちゃう!」という自覚のある方、今度尽くしそうになった時には、ちょっと立ち止まって考えてみてください。
「私は、この人と一緒にいる時の『自分』は好きなのかな?」と。

尽くしすぎる女性は優しい性格


「相手に尽くされるより、相手に尽くしたいタイプだ」という女性は、間違いなく性格が良く、優しい女性ばかりです!
しかし、そういう女性にかぎって、悪い男につかまったり、すぐに振られたりするケースが多々見受けられます。周囲から幸せを願われるくらいの性格の良い女性ほど、幸せになれない理由は、一体なんなのでしょうか?

尽くすことは“喜び”だ!


そもそも、相手に尽くしてしまうのは、なぜでしょうか?
相手が好きすぎて、自分よりも優先させたいという気持ちが、勝るからに他ならないでしょう。
尽くすタイプの女性を見ていると、相手のことばかり優先して、かわいそうだと周りから思われていても、当の本人は幸せに思っていたりするものです。
そう、実は尽くすことは、自分自身の“喜び”でもあります。
「今日は美味しいごはんを作ってあげよう」
「私がしっかりしないと、彼はダメだから……」
なんて思いながら面倒をみるのは、好きな相手なら幸せですよね? 
まず、相手に尽くすことで、自分が幸せになっている事実に気づく必要があります。

相手から「尽くす喜び」を奪っていることに気がついていない


「尽くすことは自分自信の満足だ」という自覚がない場合、相手から「尽くす喜びを奪っている」という事実に気がついていないことが多いです。
ともすると、言い方は悪いようですが、相手の喜びを奪っているという面では、尽くしすぎる行為は、ワガママで自己中心的な行為だとも言えます。
(もちろん、尽くすタイプの女性は見返りを求めていないので、そのような悪気はないと思います。)
でも、相手が尽くせる余地を残していないと、どんなに優しい男性でも「あ、俺って必要ないのかな……」と思ってしまいがちです。

自分を犠牲にしていることに気が付いていない


EDITOR

おーさか ちさ

恋愛・美容・グルメを中心に執筆。ベリーダンサー・講師としても活動中。レストランショーや主催イベントなどで踊っている  

関連記事