「子どもが苦手」発言はやっぱり恋愛でマイナスになる?

気になる異性や彼氏・彼女から、「実は子どもが苦手」「あまり得意じゃない」という言葉を聞いたら、皆さんはどう思いますか? 結婚を考える世代になると、こうした発言がネックになり「子どもを可愛がれない人は無理」「自分は子どもが欲しいから合わない」などと判断されてしまうこともあるようです。子どもが苦手だという20代女性から、「異性の前で堂々と言うとマイナスなのでしょうか?」という質問を受けたので、じっくり考えてみました。

ただ「接し方」がわからないだけかも!?


まずお伝えしたいのは、価値観は変わるかもしれないということ。「子どもが苦手」と言っていたのに、我が子を持って、あるいは年齢を重ねて価値観が変わった友人知人はたくさん知っています。そのうちのひとりに、「赤ちゃんは大丈夫だけど、喋れるようになった3〜5歳くらいの小さい子が苦手」という女性がいました。「どう距離を取っていいか分からない」「上手くコミュニケーションができないので戸惑う、怖い」とのことでしたが、確かにそのくらいの子どもの扱いが分からない、という大人は意外と少なくないようです。言葉がうまく通じない場面も多々ありますし、無邪気な分、グサッとくるようなことも結構平気で言ってきますよね(笑)。

しかしそんな彼女も、甥や姪が生まれて身近で関わるようになったら、扱い方や距離の取り方がわかってきて、子どもが大好きになったそうです。「子どもは正直なので、こっちも気を遣わず、思った事をどんどん言ったほうが仲良くなれますね」とのことでした。男女問わず、身近で関わってみると「可愛いな」と思えることは少なくない様子。苦手と思うのは「慣れ」の問題で、意外と克服できるのかも!?

「育てる自信がない」は、若ければ当然!?


また、「子どもが苦手」という人からは、「自分には育てる自信もないし」という声も聞くこともあります。未熟な自分が親になれるのか、きちんと食べさせていけるのか、というのは「自信」の問題ですよね。仕事が半人前だと感じる時期であれば、それは当然の不安と言えるかもしれません。30代くらいを過ぎると仕事の自信や見込みがついてくる人も多いですし、むしろ「子どもがいるから毎日働くモチベーションが湧いてくる」「我が子がいなかったら、こんなには仕事を頑張れない」という実感を語るようになる人も非常に多いです。

EDITOR

外山ゆひら

対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ