うまくいく確率は50%!? タイプじゃない男性と付き合って幸せになれる…?

「どうしよう、このひとのこと、正直あんまりタイプじゃないんだけどなあ……」

よっぽどモテる女でもない限り、“自分とうまくゆきそうな男性、付き合えそうな可能性のある男性”なんてものは数が限られている。
人生にいくつもあるとは思えないその貴重なチャンスを逃したくない! と思うのは自然なことだろう。けれど、その「貴重な相手」があなたの好みから外れていたら……?
果たして付き合ってみたところでうまくゆくのだろうか?

今回はその疑問をリサーチしてみたので、お悩み解消のヒントにしてほしい。

1.うまくいった……「相手を冷静な目で見れた」


・「『ずっと前から好きだった! 僕と付き合ってください』と言ってきた同僚のAは、見事なまでに私のストライクゾーンから外れた人だった。私は快活で話し上手な人が好きなのに、彼は声が小さく無口なタイプで存在感が薄い(笑)、加えて背が低くてぜんぜん男を感じさせないし……。でもその時ちょうど好きな人にフラれてやさぐれてたのもあって“お試し”で付き合ってみたら、前の彼とは180度違う地味~で目立たない思いやりや優しさに惹かれていった。男は見た目でも身長でもないと学んだ」(20代・小売)

・「私はいわゆる俺様とかヤンキータイプが大嫌い! “やんちゃ”とか言って過去の悪行を正当化するのも腹が立つし、やたら友情や地元愛を強調するのもなんかいけ好かなくて……。だから“その手のタイプ”の男性に合コンで言い寄られた時、『冗談じゃないわ~』としか思えなかった。けれど彼のあまりのしつこさに根負けしてデートしたら、めちゃめちゃ楽しんでいる自分がいた。彼は明るくて元気もよくて頼もしいし……今じゃその彼とラブラブです(笑)」(30代・医療)

――「タイプじゃなかったけどデートしてみたら意外と良かった」女性たちの声がこちら。この意見に共通するのは、「最初彼に過大な期待をかけていなかったからこそ、かえっていい方向にいった」「好きなタイプじゃないからこそ冷静に観察できた、彼の本質がよく見えた」ということだろう。“好みじゃない彼”と付き合うことのメリットは、こちら側が浮かれてヘマをしない、また目が曇らないということに尽きる。テンションがあがっていては正しい見極めなどできない。

関連記事