元準ミス日本から学ぶ! 誰でもトライできちゃうお手軽美容テク【イラスト】

まだまだ肌寒い毎日ですが、少しずつ気温も上がり、春の足音が聞こえてきましたね。新しい季節に向けて、この春こそ素敵な自分を目指すぞ! と、自分磨きのモチベーションが高まっている女子も多いのでは?

ダイエットやメイクの研究、いつもの自分よりちょっと垢ぬけたコーディネートにトライしたい……などなど、がんばりたいと思う事柄はたくさんあっても、自己流じゃ限界があるのも事実。誰か助けてーーー!! と始める前からさじを投げそうになっている方におすすめの一冊があるんです。それは、先日発売された『コミュ力低めでちょいオタな私が準ミス日本になるまで』(KADOKAWA)
本書の著者は、元準ミス日本であるあんどうまみさん。ネガティブ、人見知り、あがり症、そしてちょいオタ……。自分のことがあまり好きではなかったという彼女が準ミス日本になるまでの姿を描いたコミックエッセイです。
本書にはあんどうさんが実践した自信のつけ方、美しくなるための暮らし方、そしてにメイクやダイエットなどのオンナ磨きエピソードが盛りだくさん。
今回はあんどうさんへのインタビューと本書を参考に、だれでもまねできる女子力アップの秘訣をお届けします! ページ最後にはプレゼント情報もあるのでお見逃しなく!
『コミュ力低めでちょいオタな私が準ミス日本になるまで』(KADOKAWA)著者、元準ミス日本であるあんどうまみさん。
『コミュ力低めでちょいオタな私が準ミス日本になるまで』(KADOKAWA)著者、元準ミス日本であるあんどうまみさん。

準ミス日本になって、美容への意識は変わりましたか?


本書のタイトルにもあるように、元々ネガティブでコミュ障、どちらかというと自分のことが好きではないと感じていることが多かったというあんどうさん。自分に自信が持てず苦労した一面も本書からは伺えますが、準ミス日本になれたことで、意識に変化はあったのでしょうか?

――準ミス日本になるまでは、綺麗な人は元々恵まれているから、自分は頑張っても意味がないという気持ちがどこかにありました。
でもミスコンに参加して、綺麗な人は必ず努力をしているのだと知りました。コンプレックスがたくさんあってもそれをカバーすることはできる、私も自分ができる精いっぱいをしよう、そういう風に思うようになりました。

準ミス日本になるまでで一番つらかったことは?


EDITOR

ローリエプレス編集部

恋愛・ファッション・美容・女子のトレンドに関するコラムを毎日配信中。動画やイラスト付きコラムも多数掲載中!

関連記事

今、あなたにオススメ