恋愛面にもよい効果が!? 本当は教えたくない1日1食生活の素晴らしさ

「本当は教えたくない○○」――隠れ家的な名店を紹介する際に、よく使われる表現ですよね。秘密にしておきたいほど素晴らしいといったところでしょうか。筆者にも、本当は教えたくない○○があります。1日1食生活の素晴らしさです。

1日1食ダイエットで10キロ以上の減量に成功!


約2年前から、1日1食生活を続けている筆者。きっかけは、だいぶ前に観た、とあるバレリーナさんの日常を紹介するテレビ番組でした。朝食は摂らず、昼食もカフェオレしか飲まないとのこと。日中はレッスンがあるので、体を軽い状態にしておきたいのだとか。そのぶん、夕食は好きなものを食べているのだそう。

「これだ!」と、確信を得たのです。筆者は、栄養学の専門家ではないので、あくまでも自分自身の経験に基づいた範疇でしか語ることはできませんが、3食きっちり摂って痩せるって、ぶっちゃけ不可能! もちろん、3食きっちり摂ってダイエットに成功している人もいるのでしょうけど、筆者には不向きなやり方でした。毎食、味気ない低カロリー食材をちまちま食べ続けるだなんて、性に合いません。朝と昼はガマンしてでも、夜に好きなものを食べたい! 一点豪華主義のやり方です。

筆者の思惑通り、体重はどんどん落ち、10キロ以上のダイエットに成功しました。ぼちぼち春が近付き、軽装になっていきます。真冬のように厚着ができないぶん、ボディラインが気になってくる頃! ダイエット計画をお考えの女性は、1日1食生活を試してみる価値アリですよ。

待つことが苦痛に感じなくなる


1日1食というライフスタイルは、ダイエットだけでなく、恋愛シーンにも意外なメリットをもたらしてくれました。なんといっても、「待つこと」が苦痛にならなくなったのが、大きな収穫です。朝も昼も食べないって、さすがに最近は体が慣れてきましたが、日によっては、モーレツな空腹を感じることがあります。でも、夕食まで待ちます。この習慣が、恋愛シーンに活かされるんです!

EDITOR

菊池美佳子

1977年3月17日生まれ。岩手県盛岡市出身。21歳~29歳まで、舞台女優のかたわら、様々なナイトワークを体験。29歳で引退後、コラムニストに転身

関連記事