わ~この人なんか違うかも…“期待外れ”だったデートって?

「うわ、なんか彼、思ってたのと全然違うかも……」

女にとって、初デート前の夜ほど心ときめく瞬間はない。
翌日の彼の反応を想像しながら、いつもより時間をかけて念入りにお肌の手入れ、パックやネイルをし少しでも「キレイに見せよう」とやっきになるのだ。

……けれどそんな風に気合いを入れたのにもかかわらず、彼と共に時間を過ごしたらなんだかガッカリ……楽しかったのは前の日の夜のワクワク感だけだった……なんてことも多いはず。
今回は「期待外れだった男とのデート」をリサーチしたので、「私だけじゃなかったのね!」と胸を撫で下ろしてほしい。

1.小銭単位の割り勘


・「私も彼も動物好きということで、初回は動物園デートへ。当日ウキウキしながら待ち合わせ場所に向かったんだけど、開口一番、彼から『入園料、○○円だって』と言われた。“へ? イキナリお金を請求するの? しかも数百円の金額なのに? 早くついたなら、気を利かせてせめて先に券くらい買っておいてくれても……”とも思ったけど、そこは気を取り直して私も素直に支払った。しかし中に入っても、昼食のカレーライス850円に『高いな~』とケチをつけ、一番安いサンドイッチを選んだ彼に幻滅! 私は850円出す値打ちもない女なのか? もうコイツとは二度と行かない」(20代・総務)

……イマドキは「男が出すのは当たり前」「全額おごりじゃなきゃヤダ」という女性は少ない。稼ぎが安定しない男性が増えたこともあり、「私ももちろん出すよ」くらいの気持ちは持ち合わせているだろう。しかしそれが、「初回のデート」となればワケが違う。「小銭単位」でケチられるとなると、ビミョーな気持ちになってしまうものではないだろうか?
仮に「え?お昼?なんでもいいよ~」とその場では答えてしまったとしても一番安いメニューを選ばれたら「私ってそんな価値のない女なの?」と疑ってしまうのは当然の心理だろう。

2.すべてが行き当たりばったり


EDITOR

神崎桃子

体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ