彼氏ができない焦りのせい? 「結婚した友達」の悪口を言いたくなったとき

発言小町に、「なんで友達は結婚できたの? 皆さんどう思いますか?」という投稿が寄せられました。

トピ主さんは27歳女性。友達は結婚しているのに、自分には彼氏すらできず、荒れているそうです。そんなトピ主さんに対し、知人は「”あいつより! あいつなんて!”と目で威嚇(いかく)しているトピ主さんより、結婚した友達さんの方がはるかに美人」などと指摘したとか。「なんでこんなこと言われるのか、私は幸せになれないのか教えて下さい」とアドバイスを求めています。

なぜこうなった!? 結婚願望の「出し方」にはご注意を


きっと、トピ主さんはアドバイスをくれた方(以降、Aさんとします)に、ただ話を聞いてもらい、「素敵な彼氏ができて、結婚できるといいね」と激励してほしかったのでしょう。「あー早く結婚したいです」「幸せハッピーな生活が夢です」という部分だけを見ると、「結婚を夢見る、素直でかわいらしい女性なのだな」という印象を抱きます。

しかし、トピ主さんはわざわざ友達の結婚式の写真を見せて、「だってこの子で結婚できるんだよ?」とも言ったそうですね。そうなると一転、かなり傲慢(ごうまん)な人のように思えてきてしまいます。結婚願望を持つのは大いに結構ですが、「出し方」には気をつけないと、今回のように思わぬ辛辣(しんらつ)な意見をされてしまうこともあるでしょう。

Aさんはもしかしたら、トピ主さんが1年前と同じ悩みを口にしていたために、「状況が変わっていないなら、厳しい意見でも言ってあげよう」と思ったのかもしれません。あるいは友達をこけ下ろす発言が引っかかった、同じ話ばかりで聞き飽きた、などの理由から辛口のアドバイスをした可能性も考えられます。友達や知人と話せる時間だって大切なひとときです。会うたびに同じ恋愛の話ばかりされたら、ちょっぴり“うんざり”する気持ちも理解できるのではないでしょうか。それに、誰もが耳心地のいいアドバイスをくれるとは限りません。意見をされたくないならば、今後は信頼できる人以外には、自分から「彼氏ができない、結婚したい」と言って回らないのが最善だと思います。

EDITOR

外山ゆひら

対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事