恋愛はやめどきも肝心。ほんとにその彼でいいのか迷った時の判断ポイント5選

恋人でも、微妙な関係でも、片思いでも、「うまくいっていない」と自覚のある恋愛ならば、やめどきも肝心。自分の納得いくタイミングでやめるのがベストですが、「彼氏や仲のいい異性が誰もいない状態になること」を恐れる女性は多く、「他に好きな人もいないし……」という理由でズルズルと決断を先送りにしてしまっている人も見かけます。しかし、うまくいかない状況に甘んじているからこそ新しい恋が始まらない、という可能性も。やめどきに迷う際は、以下のようなポイントを考えてみてはいかがでしょうか。

1.「尊敬できる部分」が言えないと気づいたとき


恋人関係の場合、まず考えたいのは「彼のこういうところは素晴らしいよなぁ」と思える尊敬ポイントがあるかどうか。それが自覚できているカップルは、なんだかんだと衝突しながらも、うまくやっていけるケースが少なくありません。逆に、そういう点がひとつも言えない場合は、「情」や「寂しさ」だけで繋がっている可能性も。腐れ縁や依存の関係である場合もあるでしょう。「私に優しいから」「マメに連絡をくれるから」といった理由ではなく、相手を“人として見たとき”の尊敬ポイントを考えてみましょう。

2.「一日に何時間も占いを見ている自分」に気づいたとき


続いては、片思いや不調の恋の場合。占い自体は楽しいツールですが、一日に何十回も何百回も、彼の気持ちや二人の未来を占ってしまうような状態になっていたら要注意です。現実に目を向けたくなかったり、相手に接触するのが怖かったり、という理由で占いに逃げ込んでいる可能性もあるでしょう。当たる占いももちろんあるのでしょうが、占いではなく自力で”不安”を吹き飛ばす術も身につけていかないと、不毛な時間ばかりが過ぎていくことも。占いばかりして仕事や学業が手につかないような状態が続いているとしたら、それは「いい状態の自分」とは言えないですよね。「こんな不安定な自分になってしまう恋ならば、もうやめよう」と思い切るのも、ひとつの幸せへの決断かもしれません。

3.自分で決めた期限までに、目指す結果が出なかったとき


関連記事