所詮「別れた」人! 元カレの存在から解放されるための心得

「なんであの時あれほど傷ついたのに、まだ彼のことを忘れられないんだろう」

こんなことを考えて、イライラしたり、悲しくなったりと、物事が手につかない女子、いませんか? どう考えても「ダメ男」だったのに、なんで未だに元カレの存在が忘れられないのでしょうか? 

次の恋愛にすすむためにも、そんな悩みから解放されるために心に留めておくべきことをご紹介いたします。

1.「ハマるものがないと不安」という弱さ


まず、「ダメな元カレを忘れられない」のは、たいていの場合、自分自身に原因があります。

すべての人がそうだというわけではありませんが、「ダメ男を好きになる自分」に酔っていたり、「本当に○○君って最低なんだよ!」と女友達とおしゃべりするツールにしたり……。こうした傾向がある限りは、一度お別れした彼のことをなかなか忘れることはできません。

このような女性は、なにか「ハマるもの」が必要なのです。「ダメ男」と付き合うと、四六時中その人のことを考えたりしませんか? 「また浮気してるかも」「まだ帰ってこない!」「また喧嘩して暴言を吐かれた」など。そんな風に、頭の中が彼氏のことでいっぱいになっていると、いっとき「安心」するという女性がいるのです。

それが失われた時、「他に何に時間と気持ちを費やせばいいの?」と、ぽっかり心と体が空白になる感覚に襲われるため、ダメな人だと分かりつつも元カレが忘れられないのかもしれません。

2. 思い出は美化されがち


さらに、思い出とは美化されがち。現状に満足できていない人ほど、過去の出来事を肯定的に再評価しようとするものです。たとえば、すごく傷つけられた出来事があっても、だんだんと「あの時は若かったから、あの人もやんちゃだったんだ」、「あれは私のことを思ってやってくれてたんだよね」などと、自分に都合の良いように解釈してしまうのです。

このループから解放されるには、とにかく「現在」に満足することが大切。その分努力も必要ですし、「やっぱり成長した今が一番だ」と思える精神状態に持っていかないといけないんですよね。

3. ステージが変化すれば人付き合いも変化する


関連記事