モテればモテるほどなくしがちな4つの“あれ”

なにかを手に入れたらなにかを失うというのは、水は高いところから低いところに流れるというのとおなじように、この世の真実ですよね。
今回は、「モテモテ男子がなくしがちな」4つの“あれ”に迫ります。
モテモテ男子をつかまえて、なにを失ったのかについてお尋ねしてきました。
さっそくご紹介しましょう!

1.男友だち


「モテている男に対して、男は冷たいものです。男どうしの嫉妬が生まれてくるので、男友だちを失くしがちかもしれません」(28歳・IT)
モテている男で、男に対してマメで誠意があって……ということになると、そのモテ男は「人格者」だと過剰に崇め奉られたりもしますが、モテない男がそれをしても「ふつう」に扱われたりもしますよね。
前者を、人格者ではなく、男どうしの嫉妬をうまくかわした、ただの知恵者だと、人はなぜ言わないのか不思議です。

2.スマホの充電


「ぼくはスマホの充電がよくなくなります。モテようと思えばマメに女子たちに連絡するからです」(27歳・飲食)
モテている女子も、カフェに入ったらすぐにコンセントを探しまくっていたりするのではないでしょうか。

3.お金


「複数の女子とデートをしていたら、当然のようにお金がどんどん消えてなくなっていきます」(31歳・広告)
モテモテ男子のなかでも、知恵のある男子は、お金がかからないデートを楽しんでいる……こういう話を、以前聞いたことがありますが、詳細を書くと長くなるので、べつの項でご紹介したいと思います。
ともあれ、ふつうは複数の女子とデートをしていれば、お金なんてあっという間に消えていきますよね。

4.誠意


「何人もの女子を満足させようと思えば、ときには歯が浮くような褒め方をしなくてはならず、最近、おれのなかに誠意はあるのかないのか、自分でもあやしくなってきました」(33歳・イベント制作)
誠意があるのかないのか、感覚が麻痺してきたころに、全部の彼女からフラれたらいいのにね。

EDITOR

ひとみしょう

作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事