仕事中もぬかりなく モテるビジネスメール4つの極意

社内や取引先でちょっと気になる人、誰にでも一人や二人いますよね。ただの仕事相手で終わるか、それとも彼氏になるかは、あなたの普段の振る舞いによって左右されます。

何よりも気をつけたいのが、メール。ビジネス上といえども、やわらかい雰囲気や人柄がにじみでる文面は好感度ばつぐん。モテるビジネスメールの極意を伝授します!

1.語尾は「~ね」「~よ」


ビジネスメールはですます調だからこそ、意識しないと堅くなりがちです。あえてちょっと崩すのが、モテるビジネスメールの第一歩。ただし、文章のテンションが無駄にキャピキャピしている必要はありません。語尾をちょこっと工夫すればいいだけ。もっとも簡単なのは、「~します」で終わらすのではなく、「~しますね」「~しますよ」と、やわらかい言葉づかいを使うこと。

たとえば、こちらから催促する時に、「お願いします」だけだと感情が見えず、怒っているようにみえます。「お願いしますね」と言うだけで、やさしい印象になります。

絵文字やスタンプが使えないビジネスメール、注意すべきは語尾、です。

ただし、場合によっては「上から目線で偉そう」と感じる人もいるので、多用せず、ピンポイントで使ってみましょう。

2.署名はシンプルに!


意外と見られているのが署名欄。ここで女子っぽさを出そうと☆やキラキラのラインを入れて署名を作るのは意外とマイナスポイント。最近はスマホでメールをチェックする人も多く、長ったらしい署名は過去のやりとりを遡るときの邪魔になりますし、ごちゃごちゃしていると「頭悪そう」と思われるかも。

文面はやさしさややわらかさを意識して、署名はあくまでもシンプルにするのが一番。シンプルなライン一本で、会社名、住所、電話番号、名前が書いてあるだけでも十分です。

3.顔文字は奥の手


ビジネスメールで控えた方がいいと思いがちな顔文字は、時と場合によって使うのもアリ。ただし、奥の手として隠し持っておきましょう。多用すると、「遊びじゃないんだよ」と引かれてしまいます。

EDITOR

村尾 肴

東京都生まれ。高校中退後にはじめた出会い系のサクラで、文章を書くことに目覚める。お酒、恋愛、映画、ゲーム、ダイエットの話題が得意

関連記事

今、あなたにオススメ