可愛いだけじゃダメかしら? 男性に聞いた「アガる下着」はコレ!

下着、と聞くと一般的にはブラやパンティを思い浮かべる人が多いはず。それらをセレクトするのは女性ならではの楽しみでもありますよね。可愛い色や素敵な素材に自己満足の極みです。最近では海外のものが気軽に通販できたり、デザイナーやアーティストとコラボのシリーズや、ブランドの限定モデルなど思わず集めてしまいたくなるような下着も多いです。時には可憐に、時には清楚に、時には大人セクシーに……。と非常に奥の深い世界なので、一度ハマるとなかなか抜け出せないという魔の空間でもあります。

見えないところこそ、やっぱりおしゃれでいたい


下着選びなんて究極の自己満足ワールドではあるのですが、カレに対してはやっぱり気を遣いますよね。あとは、女友達とお泊り会とか……職場のロッカールームとかでお互いにチラ見する瞬間もあるでしょう。意外と周りからのチェックは細かいのでそんな時こそ、おしゃれをアピールしたいもの。

こんなところを見られているなんて!


私の周りの男友達に何人か質問してみました。「女性の下着で見るポイントはどこ?」すると意外なほど「ストッキング」と答える人が多いことに私は驚きを隠せませんでした。なんで? なんでストッキング…? と思ったのですが、よくよく聞いてみるとコレでした。「ガーターストッキング」アレほどセクシーに見えるものはない……と。しかも、アレを着用している女性にほぼ遭遇したことがないし、彼女には「着てほしい」と言うのも恥ずかしいし……という人が意外なほど多かったのです。
中には彼女にプレゼントしたというツワモノ(40代自営業)もいましたが、ちょっと冒険したいデートの日にはガーターストッキングでサプライズも楽しいかもしれませんね。最近はシリコンストッパーがついていてガーターベルト不要のものもあるので、比較的気軽に挑戦しやすいかもしれません。

さて、ガーターストッキングに慣れてくると今度はもう一段階階段を上ってみてはいかがでしょうか。ストッキングを固定するガーターベルトです。トイレの時にいちいちストッキングを降ろさなくていいので慣れると実用的で便利なものだなと思います。見栄え上、パンティの上からガーターベルトをつけて撮影しているケースが多いですが、もっとも実用的な使い方はガーターベルトが先で、その後にパンティですので、その時に応じて使い分けてくださいね。下着もファッションですから、自由に楽しめばいいと思います。それにガーターベルトを着けているだけで女性らしく振る舞えるような気がするのです。そういう効果も期待できるのが下着選びの楽しいところですね。そして、これから春夏にかけては蒸れなくて快適です。最初はちょっと照れくさいかもしれませんが、セクシーな上に実用的なので堂々とかっこよく着こなしてくださいね!
(小原緋紗子)

EDITOR

小原緋紗子/studio woofoo

神戸出身のフリーライター。興味が湧けば、とことん追求するタイプ。 食を愛する気持ちが人一倍強いので、美味しいものを食べているときが一番幸せ。

関連記事

今、あなたにオススメ