脈ありから本気の関係に進展するための4つのステップ

男性から“脈あり”なアプローチはあったのに、熱心には追いかけてこない。なんとなく“いい感じ”になったのに、なかなか真剣な付き合いに至らない――。そんな悩みを持つ女性は少なくないですよね。脈ありから本気の関係に進展していくために大切な4つのステップをご紹介します。

1.好意を伝えることを、怖がらない


「向こうが本気を見せるまで、こちらも“知人”として様子見をしておこう」「変な好意を出して、勘違いだったら恥ずかしい」といった理由から、好意表現をセーブしがちな人は要注意。脈ありから先に進展しないケースの中には、予防線を張っていることが原因の場合もあります。“相手の好意ありき”な態度をあまりに貫いていると、「隙がない」「手ごたえがない」などと感じられてしまい、もう一歩先に踏み込んでみたいという気持ちにもなりにくいようです。

相手の男性のタイプにも寄りますし、好意を出しすぎると逆効果になることもありますが、好意は“チョイ出し”くらいはしたほうがベターです。「こちらも好意はあるよ、気持ちに応えるつもりはあるよ」という意思は、さりげなく何度か伝えていきましょう。

2.でも、自分だけ先に舞い上がりすぎない


しかしながら、「自分だけ先に舞い上がってしまう」のは絶対NGです。男性の気持ちが温まりきっていない状態で、女性が先に恋に舞い上がっている態度で接してしまうと、関係を後退させてしまうケースが多いです。

相手からの脈ありだと感じ、こちらも好意を見せたところでスムーズに進展しなければ、今すぐにどうにかなる案件ではないと判断して、一歩後ろに下がってみて。冷静に今の距離感をキープしながら、時々はきっかけも作りながら、「最適なタイミング」を見極めるスタンスに変えていきましょう。焦ってアクセルを踏んで失敗するくらいならば、いっそ「一旦は諦めよう」「第一候補からは外そう」などと気持ちを切り替えてしまったほうが、結果的によい流れとなりやすいでしょう。

3.「グレーな期間」を不安にならずに楽しむ


EDITOR

外山ゆひら

対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ