「相手から好かれた恋」と「自分から好きになった恋」の違いとは

恋愛のなかで最上級にうれしいのは、「自分の好きな人に好かれること」ですよね。同じ熱量で思い合える相手に出会えたら最高ですが、これがなかなか難しく、「何とも思っていない人とはうまくいくのに、好きな相手とはうまくいかない」というパターンを繰り返している方も少なくないのではないでしょうか。「好かれた恋」と「自分から好きになった恋」の違いを検証し、上手な恋の進め方を探ってみました。

好かれた恋は……相手のペースまかせで、「猫」のような反応!


何とも思っていない男性に好意を寄せられているときは、完全に“相手のペースまかせ”。別に1カ月くらい連絡がなくても気づかない、あるいは「最近、連絡こないなー」くらいにしか思わない。誘ったりLINEしたりなど、自分から動くことも滅多にしませんよね。相手のタイミングで誘われて、行きたくなかったら「行かない」と言うし、たまに気が向けば「行ってもいいよ」と答える程度です。

こうした態度が、逆に男性の恋心を盛り上げる要素になることはしばしばあります。女性にはない感覚ですが、男性は「自分の恋愛ペースを受け入れてくれている」と感じると、余計に相手を好きになる傾向があります(←ここが重要ポイント)。忙しいときは放っておいてくれるし、自分がちょっと恋愛モードになって連絡をしてみると、猫のように気まぐれな反応で振り回される――。無意識にそのような態度を取っているために、何とも思っていない男性は、どんどんこちらにアプローチしてきてくれるのかも!?


好きになった恋は……自分のペースで動かそうとし、「忠犬」になりがち!


一方、女性のほうから先に好きになった恋では、大抵、逆のことをやっています。連絡が途切れると毎日やきもきしてしまい、待ちきれずに自分のほうから連絡したり、誘ったりと必要以上に動いてしまう。「最近、忙しいのかな?」とビクビク気を遣いつつも様子伺いをしたり、彼からの連絡を“忠犬”のように待ち続け、誘われたら「いつでも行く!」と飛びついたり……。

EDITOR

外山ゆひら

対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ