なんであんな男と…なかったことにしたい恥ずかしい恋愛黒歴史

「私、なんであんな男と付き合ってたんだろう……?」

……誰にでも「恋愛にまつわるイタイ思い出」のひとつふたつはあるだろう。
特に男性に対する臭覚が研ぎ澄まされていない若い頃は、いまだったら絶対にあり得ない男に惹かれてしまったり、ムダに尽くして時間を浪費してしまったり……はたまた大きな失恋のあと淋しさに耐えられずダメ男と付き合ってしまったり……。

今回は『今となっては恥ずかしい、できればなかったことにしたい……“私の恋愛黒歴史”』を暴露してもらったので、あなた自身もそんなイタイ黒歴史を刻まないよう気をつけていただきたい。

金持ちの男との見せかけの恋


「ちゃんとした正社員にはなれず不安定な派遣社員時代、いつ切られるかも分からずビクビクする毎日だった……。そんな時、知人が主催する飲み会で知り合ったのがS男。彼は800万以上する高級時計を身につけ、『混んでる電車になぞ乗りたかない』と東京から横浜間さえ新幹線を使っちゃうくらいのハンパないボンボンだった。『僕はキミの願いを全て叶えてあげられる』っていうセリフに目がくらんだ私は、彼と関係を持つように……。でもそのうち“待てない並べない”っていう金持ち特有の悪癖があらわれてきたり、有名レストランで『どこぞこの銘柄の何年モノのワインがない』とかで支配人を呼びつけ怒鳴りつけるということも数知れず……。そんなS男の傲慢さも豪勢なデートや美味しいディナーにありつく為にしばらくガマンしてたけど『これじゃぁ私、お金で身体を売る女と一緒じゃん』……と虚しくなって身を引いた。いま振り返るとあの恋は私の人生最大の汚点。……というか恋じゃなかったよね(笑)」(30代・サービス業)

……あなたにも経験がないだろうか? 相手の地位だとか権力だとか、職種・肩書・収入などそういう類に惹かれてしまったことが。「彼は私にイイ思いをさせてくれるだろうから、このくらい」と“相手の不快”にめをつぶってしまったことが……。それはこの女性が語っている通り、「~のために身を売っている」ことに他ならない。「私、愛もないのに娼婦みたいなマネしてる?……」そう感じたとき、その“恋愛ごっこ”は女にとっての“汚点”になってしまうのである。「私が本当に愛したのは彼でなく、彼が持っているお金や名誉だった」……のだ。

イケメンすぎる彼との身の丈に合わない恋


関連記事