心の傷に! 男が絶対語りたがらない恋愛黒歴史

思い出すだけで身の縮むような「恋愛にまつわる失敗談」や「なかったことにしたい黒歴史」を持つのは女ばかりではない。ふだんは何食わぬ顔をしている男にだってそれは存在する……。
前回の記事では“女の恋愛黒歴史”をまとめたが、今回は男性編である。
男性たちがずっと胸に秘めていた「恋愛黒歴史」、ほんとは「触れたくない過去恋」を披露してもらったので、あなた自身が彼の“地雷”にならないようチェックしてみてほしい。

彼女の夢のために数百万円


「友人の紹介で知り合ったE子は、すごく健気な頑張り屋さんだった。普通のOLだった彼女は向上心が強くて『いつか資格をとって独立したいんです。○○さんとの将来の為にも……』と暗に結婚をほのめかされ、それまでぜんぜんモテなかった俺は有頂天に……。さらに彼女からその資格の有用性を説かれた俺は、『じゃあコレ使って』と5万、10万と彼女の“スクール代”を用立てるうちに、いつの間にか総額は三桁に膨れ上がり……。さすがにその頃には『なんかコレおかしくね?』って感じたけど、『もうこうなったらモトを取らなきゃ気が済まねえ!』って意地になって彼女に“投資”を続けた。けど彼女の『頑張ったけどまた合格しなかったの、ごめんんさい。それで、来季のおカネも借りていいかな?』って言葉にブチ切れた。勿論それきり別れたけど、未だ1円も返っては来ない。あの女のことは絶対許せない。未だ独身なのはあの女のせいだな」(40代・匿名希望)

……「俺、叶えたい夢があるんだよね~」「お前のこと、将来絶対幸せにするからさ」なんて甘い言葉にダマされ、夢だけ語る口先男に金を貢いでしまうのはなにも女だけではない。男にだって同様のケースが発生する。特に男性の場合、「女ごときに利用されてるなんて周囲には知られたくない」「女に騙されたなんて恥ずかしくて誰にも相談できない」「どうにかして元を取りたい!」という気持ちから、“内なる警告”を感じてもそのまま深みにハマってしまうケースも少なくないのだ。

結婚の約束をした女には旦那が……


EDITOR

神崎桃子

体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ