モテるメイクはフンワリ感がキモ やり過ぎNGな自己満足メイクを避けるには

日々進化する美容業界の最新情報……。SNSや雑誌、ネットなど情報はいくらでも手に入れることができますね。そしてメイク技術の向上もスゴい。スッピンとメイク後の写真が別人、というぐらいに変身できちゃうという人もいるのでは?でも、ちょっと待って。そのメイク、自己満足になっていませんか?「こんな顔になりたい!」「このネイル可愛い!」と私たち女子が思うポイントと意外なほど違うのが男性目線。
ほら、コンパや飲み会で「可愛い子」の基準がどうも男女間で差があるような気がする……そんな経験は誰もがしたことがあるはず。
さて、ローリエ世代の女子であればメイクやファッションは自己満足だけではちょっと足りない。いいお年頃なので「モテるメイク」も意識してみたいところ。かといってガッツリ男性目線を意識したセクシー路線も違う気がする。そんなあなたにオススメなのは「フンワリ感」を重視したメイク。男性は自分にはない「フワっとした可愛らしさ」に弱いのです。思わず触れたくなる、優しく撫でたくなる、そんなイメージのメイクを探ってみましょう。

1.「触れると服に付きそう」なファンデーションは避けて


男性は正直言ってメイクの事情をよく知りません。クリーム塗って、下地塗って、カラーコントロールして、ファンデーション塗って、パウダーで仕上げる! そんな女子の苦労は知らないのです。でも彼らが求めているのは「素肌っぽく見える」「触れると柔らかそうな肌」なのです。「触れるとファンデーションの脂がつきそう」なのはNG。たとえ、素肌っぽく見えるメイクの下準備がマットに仕上げた作り込んだ肌よりも準備が大変で難しいとしても、それは彼らにとっては知らない世界のことなので、あくまでも「素肌っぽく」とういことが重要なのだそうです。感覚的には「朝起きて洗顔してリップだけ塗ってでてきちゃったよ〜」というような女子にキュンとする、という勝手なことを言う私の周りの友人(30代メーカー勤務)もおります。「どうしてそいういうメイクが好きなの?」と聞いてみたところ「オレしか見ることができないであろうというプレミアム感」と「スッピンで十分可愛く見える」のが理由だそうです。ガッツリ塗りたくなる気持ちを抑えて一度超ナチュラルな素顔をデートで披露してみてもいいかもしれませんね。

2.「ヒジキ状」のマスカラよりも控えめなエクステ!


関連記事