勘弁して… 男がやめてほしいと思っている彼女の余計なお節介ベスト3

趣味に合わないプレゼント、別にしてほしくもなかった行動……。“ありがたいけどホントは迷惑だな~”と、あなたが彼氏に対して時たまそう思っているように、男性だってそう思う瞬間はあるもの。

今回は「男にとって実はありがた迷惑な行動」を調査したので、あなたが「タダのお節介な女」になっていないかチェックしてみよう。

1.彼の部屋を掃除


・「いきなり部屋に上がり込んで勝手に掃除されるのが正直いちばん困る! 昔、彼女に部屋の掃除をしてもらったら、こちらは持ってたことすら忘れてた過去のエロ本を見付けられてしまい、大変な騒ぎになった……。そのあとも『あなたは制服モノが好きなんだもんねえ~』だとか、『ごめんねえ女子高生じゃなくて~』とかことあるごとにチクチク。別に“掃除してくれ”なんて頼んでなかったのに……勝手に見つけた方が絶対悪い」(30代・総務)

・「掃除とかほんとしなくていい。彼女の目には汚く見えるのかもしれないけど、俺にとってはそれが落ち着くし、ちょうどいい乱雑さってものがある。結婚もしてないのに勝手に俺のモノに触らないでほしい」(30代・IT)

……男性が「もっともしてほしくない彼女の余計なお節介」としてあげたNO.1がこれ。
「男の家に上がり込んでかいがいしく掃除ができる」というのは、その男性とかなり親しくなっていなければできない行為。
だがその「もう深い仲なんだからイイよね~」「彼と私の間柄だし~」などと決めてかかってはならない。
人のものを勝手に触る、片付ける行為というものは男性に不快感を与えるもの。
またどこに片付けたかわからない、しまった場所がわからないのはまさにありがた迷惑でしかない。
女が良かれと思ってやってあげた整理整頓など男性は望んでいない。

2.ファッションチェック


・「アパレル勤めの彼女は確かにオシャレ。でも、いくら自分のセンスに自信があるからって『その恰好ダサいよ~』『それ、何年前の服?』『一緒に歩くのホント恥ずかしい~』『もっとこういうの着るべき』とかうるさく言わないでほしい……。それに彼女が勧めるブランドの服は自分には似合わないし、着心地も悪い。でも着ないと怒るし……。もうオレのことなんていいから、もっとカッコいい男の所に行けばいいじゃんって思っちゃう」(20代・研究職)

関連記事