余計なひと言に惑わされちゃだめ!出会えない”呪い”にかかる女子の特徴【漫画】



周りの人からのアドバイスが気になるのは当然ですが、でもタイプかタイプじゃないかなんてただのイチ好みでしかありません。たまたまBちゃんはその先輩の好みの枠外だっただけ。でも彼女は真にうけてしまい、ある意味で”呪い”にかかってしまったみたい。それは果たしてどうしてなのでしょうか。

自分への自信を失くしてしまうのは、あらゆる男性から好かれようとしてしまう負のループにハマり「自分らしく恋をする」のが欠けてしまったからではないでしょうか。「自分らしく恋をする」とは、「わたしはこういう男性(外・中身ふくめ)に好かれたい」など具体的に認識し、自分が価値を感じる男性から好かれる価値観を養い歩み寄っていけること。

そこをしっかり確認できていれば、周りの”そうじゃない男性”の自信を削ぐような意見(=呪い)なんて、”耳の近くで蚊が飛んでいる羽音”のようなもん。
恋活中は”ぷ~んと飛んでる呪い”で周りがあふれているかもしれないけれど、もし呪いをかけてきそうな相手に遭遇したら「それ○○くんの好みだよね(笑)」とにっこり笑ってサラッと流すのが得策。

ちなみに筆者は、自分と似た感性の男性に価値を感じるので”自分が男だったら、どんな女性が良いか”をイメージして日々振る舞っています。おかげで呪いにかからず「ゴーイングマイウェイな女」という称号? をいただくほど。

もし自分が価値を感じる男性から「色気がない」と言われたら。その時は素直にいさぎよく”その男性が感じる色気”を研究しましょう。
そこでひねくれるとまた別に呪いにかかってしまうので、その辺の”流すところ”と”受け止めるところ”のスイッチを上手に切り替えて、呪いに惑わされずあなたらしく恋をしてくださいね。
(大日野カルコ)

関連記事