女子文化にすんなり馴染める男子は狙い目!? 一緒にいて"楽"な相手の見極め方【漫画】




生まれつきの性別に関係なく、1人の人間の中には「男性性」と「女性性」の両方が存在しています。その割合は人それぞれで、そのバランスによって「男勝り」と言ったり、はたまた「女々しい」と表現したりすることは、みなさんもご存知の通り。

この2つの要素、どちらに偏りすぎていてもよくないようです。行動力や責任感を表す「男性性」、やさしさや包容力を表す「女性性」、たしかにどちらが欠けても物事はうまくいきません。そしてまた、この自分の中の異性をどう扱っているかが、どうやら恋愛に大きく影響してくるらしいのです。

子どもの頃はだれでも中性的ですが、思春期から大人になるにつれて、持って生まれた性を意識するようになります。すると、自分の中の異性に嫌悪感がでてきます。たとえば女性の場合だったら、中学生くらいになると自分の中の男っぽい部分(声が低いとか、胸が平らだとか、可愛げのない性格だとか)をイヤだなぁと感じるようになります。そしてもっと女っぽくなろうと、努力するようになる。これがいわゆる「色気づく」というやつです。

自分の中の異性を必要以上に嫌ってしまうと、当然自分自身を好きになれないので、恋愛に対してあまりポジティブになれなくなります。また、自分の中の異性を嫌うことは、そのまま異性を嫌悪することにもつながります。この心の動きは無意識下で行われるので、自覚しにくいようです。

そんな風にパートナーシップにおおいに関係してくる自分の中の異性ですが、自分の中の男と女が仲よくしていると、その人本来の魅力が輝くようになり、恋愛もうまくいくと言います。(この説はユング心理学に詳しいので、さらなるご興味があれば関連本のご一読を!)自分や相手がどんなタイプなのか把握していると、合うタイプもなんとなくわかってきますね。

たとえば自分の中の女性的な要素を排除しているような、ものすごく男っぽい人は、男勝りな女性を好むことはないでしょう。中性的で都会的なイマドキ風の男子は、やはり性的なものをあまり感じさせない女の子を好みそうですし、男並みにバリバリ働くキャリアウーマンは、プライベートではホッとできる、あまり男っぽくない癒やし系男子を求めそうです。

EDITOR

アオノミサコ

イラストレーター/漫画家。美容から神事、ディープスポット巡り等の漫画やコラムを執筆。著書『わがままセラピー入門』(KADOKAWA)

関連記事

今、あなたにオススメ