マンネリさんも、付き合い始めのカップルも! いつもの5倍楽しめるおすすめデートプラン

「デート」というと、あなたはどこに行きますか? 何をしますか?

流行りのお店でごはんを食べる、新しいショッピングモールで買い物をする、などデートのあり方は人それぞれ色々。今回は、「共同作業デート」という少し変わった切り口から、デートのあり方について考えてみましょう。

共同作業デートとは、恋人と一緒になにかをする、作業をする、ということを通して二人の仲を深めていこうというもの。

デートといえばつい「どこに行く?」と、場所から決めるケースが多いはず。そうではなくて、「何をする?」から入る、それも、「二人で一緒に作り上げる・達成する」をデートの目的にする。それが共同作業デートです。具体的にはどんなデートが考えられるでしょうか?

謎解きデート


「地下謎への招待状」などでおなじみの参加型謎解きゲームや、最近増えてきている「リアル脱出ゲーム」などに挑戦するデートです。最近では色々な謎解きゲームが体験できるカフェもあります。二人で協力して謎を解けば仲も深まること間違いなしです。

パズルデート


昔と比べてパズルも進化していて、3Dパズルなど新しいものがどんどん発売されています。ショップなどに出かけて「こんなのあるんだ!」と一緒に盛り上がりながら、どのパズルにするかを選ぶ過程も楽しいでしょう。完成したものをオブジェとして飾れば、いい思い出にもなりますね。

釣りデート


アウトドア派のカップルにおすすめなのは釣りデート。どこか遠出するのもいいですが、実は都内にもたくさん釣りスポットがあります。また、インドア派の方には釣りが楽しめる居酒屋もおすすめ。釣った魚を目の前でさばいてもらって食べられる、というお店も登場しています。

共同作業デートのよいところは?


ではこういったデートのポイントはどこにあるでしょうか。

一番大きいのは、二人で何かをすることで達成感や一体感が生まれるということです。特にお互いの実力差がほとんどなければ、遠慮なく一緒に楽しむことができます。ただまったりと時間をつぶす普通のデート以上に思い出に残るし、仲も深まるでしょう。

EDITOR

五百田達成

作家・心理カウンセラー。「コミュニケーション心理」「社会変化と男女関係」をテーマに執筆。著書「察しない男 説明しない女」が30万部超え

関連記事

今、あなたにオススメ