出会いのチャンスをつぶすNG行動! 先入観を捨てるためには?

「素敵な出会い」がないと思っているあなた。それは思いこみではありませんか? 
その思い込みは、本当にあなたの視界から素敵な人を見えなくしてしまいます。そこにあるのに気がつかない、という心理的盲点「スコトーマ」。これをなくすと見えなかったものが見えてきます!

「スコトーマ」とは?


スコトーマとは心理的盲点のこと。と言ってもさっぱりわからないと思いますので、説明しましょう。
これは元々ギリシャ語で「盲点」を表す言葉。眼科で使われていた用語でしたが、次第に心理学などで用いるようになりました。気持ちや思い込みによって、見えるものや見えないものが変化する現象と同時に、見なくなったものを特に指して心理的盲点と言います。そして、その盲点が見えるようにするために、「スコトーマを外す」といった言いかたをします。

探し物が見つからないときにスコトーマが現れる


探し物が見つからないとき、これがもっともスコトーマを体感できる場面かもしれません。
たとえば鍵をなくした場合、まずいつも鍵を置いている場所を探すでしょう。その後、カバンの中やポケットの中など、あなたが考え付く「ここにあるはず」というあらゆる場所を探しますがありません。これが盲点。「捨てるはずがない」と思っているので、ゴミ箱を探すことはきっとしないでしょうし、「こんなところにあるはずがない」と思っているので、冷蔵庫の中を見ることもしないはずです。あなたが考え付いた場所しか探していないので、見つかる可能性を自分から狭めているんですよね。
そこでその思い込みを取り除いてみましょう。冷蔵庫や空き瓶の中、お菓子の缶の中、植木鉢の上……「まさか」と思うような場所に、あったりするもの。思い込みを取り除けば、もっと早く確実に鍵は見つかるのです。

突拍子もない場所で見つかるのとは逆に、探し物が目の前にあるのに、気がつかないという場合もありますよね。
これも「ここにあるはずがない」と思っているために、視界から消えてしまったわけですが、目の前にあるのに見えない。これって不思議ではありませんか?これも「鍵をなくした!」と思った瞬間、脳がそういう現実にしようと動き出すのです。鍵をなくした現実を作るために、目の前の鍵は見えなくなるでしょう。

関連記事