こんなに好きなのに…年上彼氏との恋が長く続かない理由とは?

最近あるアラサー読者さんから、このような相談を受けた。

「年上好みの私は、いつもアラフォー男性ばかりを好きになります。既婚者とか不倫とかそういうんじゃなくてちゃんと独身の人を選んでるのに、それでもなぜか恋がうまくゆかない……。まわりを見てみると、男性だけじゃなく40歳オーバーの女性も恋が続いてるケースってどうも少ないみたい。40歳を過ぎて恋愛をうまくゆかせること自体、もしかしたら難しいの?」(30代・金融)

本当に40歳を超えると恋愛はうまくゆかないのだろうか?今日はそこを追求してみよう。

1.生活を変えられない


・「若い人には分からないかもしれないけど、人間40歳も超えると『生活パターン』がほぼ決まる。どんな物を食べるとか、どんな店に入るのか、休日は何をして過ごすとか……そういう事がローテーションみたいになっちゃって、今更それを崩すのって難しい。結婚したい、って気持ちが全くない訳じゃないんだけどね……」(40代・男性・技術職)

・「結婚していまさら生活を変えるのが面倒。リスクを冒して結婚するほど魅力のある男性もいないし、そこまで相手を好きにならないし……」(40代・女性・保険)

――40歳を過ぎた人の恋愛がうまくゆかない理由として、圧倒的多数だった声がこれである。
「誰かと生活するなんて無理」「自分の生活にもう他人に入ってきてもらいたくない」「いまさら自分の生活のリズムを変えられるとは思わない」「生活を変えられるほど好きになる異性にも出会えない」というやや消極的な意見が目立った。40代男性に恋するアラサー女性にとっていちばんの強敵は、この「彼が築き上げてきた習慣」なのかもしれない。

2.自分を変えられない


・「僕はもう何年もあるアイドルグループの熱烈なファン。給料のほとんどを彼女たちにつぎ込んでると思う。周りの女性に言うと引かれるから絶対に言ってないけど、たとえ仮に誰かと結婚できたところで彼女たちを応援する楽しみをやめれるなんて思えない。だから結婚か彼女たちかを選ばなくちゃならないなら、迷わず自分の趣味を取りますね」(40代・男性・IT)

EDITOR

神崎桃子

体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事