アンダーヘア、黒ずみ、ホクロ…性器コンプレックスの手放し方

性器のコンプレックスは、顔やカラダのコンプレックス以上に、誰かに相談することをためらってしまいますよね。とは言え、一人で抱え込んで悶々と悩み続けるのも、精神衛生上よろしくないです。性器に関するお悩みをスッキリさせちゃいましょう!

アンダーヘアの悩みは「市場調査」で解決


性器コンプレックスの代表格といったら、なんといっても「アンダーヘアに関するお悩み」でしょう。「アンダーヘアが濃い」「生えている面積が広い」「白髪を発見し、ショック」など、何か気になっていることがあるのでは?

悩みを打破するには、まず市場調査から始めましょう。銭湯やスパに足を運ぶことで、世間のアンダーヘア事情を体感できますよ。筆者が見る限り、ナチュラルに生やしている女性のほうが、圧倒的に多いです。ハイジニーナブームと言われていますが、パイパンにしている女性は滅多に見かけません。世間のアンダーヘア事情を体感することで、だいぶ気がラクになりますよ。

もちろん、市場調査といっても、じーっと凝視するわけにはいかないので、白髪の有無まではわかりません。白髪に関しては、代表的な原因は「加齢」ですが、栄養不足やストレスで生えることもあります。生活習慣の見直しで改善を図りましょう……と言っても、一朝一夕で解決するわけではないので、応急処置として、ハサミでカットするのもアリです。

黒ずみ対策は「ノーパン」と「タンポン」で


「色」に関してコンプレックスを抱えている女性も存在します。こちらに関しては、「黒い=男性経験豊富で遊んでいる」という、都市伝説に惑わされている女性が多いように見受けられます。確かに皮膚は、摩擦刺激によって黒ずむこともあります。ですが、考えてもみたら、性行為中は愛液が分泌されているので、摩擦刺激は緩和されているはず。

性行為による摩擦刺激よりも、注意すべきは下着や生理用ナプキンの摩擦です。下着の摩擦を防ぐべく筆者がオススメしたいのは、「可能な限りノーパン生活」です。家の中にいるときだけでもノーパンで過ごすと良いでしょう。生理用品は、ナプキンからタンポンに切り替えるのもアリ。タンポンに比べると少数派ですが、「月経カップ」を使用している女性も徐々に増えてきているようです。

性器周辺のホクロは珍しくない!?


関連記事