付き合う相手を選べない男女が急増しているワケ

以前「恋愛偏差値を急降下させるSNSでの厳禁行動とは」という記事を執筆した。便利なはずのSNSがかえって“恋愛の邪魔”をし“恋の足かせ”になっている……という内容だ。

その中にSNS上の情報に頼りすぎたり、相手のつぶやきや投稿などに振り回され、“本当にこの人でいいのか?”“相手が好きかどうかわからなくなってくる”という女性が登場した。だが、この彼女に限らず最近「相手を選べない女性」「男を決められない女」が急増しているらしい。

今回は「付き合う相手を選べない」「本当にこの人でいいかどうかわからない」……なぜそうなってしまうのか原因と対策をみつけよう。

1.周囲のウケを気にし過ぎる


「恋愛と結婚は別! とはわかってても、旦那さんにするなら堂々と紹介できる恥ずかしくない人を……って考えちゃう。男友達のA夫はマメでホントに優しくて誠実な人。A夫と結婚すればいい家庭が築けるんだろうな~とは思うんだけど、彼は老け顔な上に、髪が薄い……(泣)。友人とかに紹介したらみんな表向きは『おめでと~♪』って祝福してくれるだろうけど、裏では『なにあのオッサン?』『あんなのしかいなかったのかねぇ~』とか言われるのかと思うとやっぱり……。ちょっとだらしなくてもイケメンのB太のほうがイイかな~ってものっすご~い迷う……」(20代・商社)

――そもそも、「好きかどうかわからない」「目の前にいる相手を選べない」というのはおかしな話だ。自分の気持ちは自分がいちばんよく知っているもの。それが「わからない」のは、自分の以外の視点やお仕着せの価値観で心をがんじがらめにしているからではないだろうか?
「彼みたいなのを選んだら、どんだけモテない女って思われるんだろう……」「ホントはこうしたいんだけど、それじゃカッコ悪いし……」……そんな“邪念”が自身の思いを見えにくくしている可能性もある。あなたは「ホントはこう」という自分の内心が発する声を聞き逃し“周囲のウケ”を気にしすぎてはいないだろうか。

2.打算的過ぎる


EDITOR

神崎桃子

体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事