その無意識行動、気をつけて! 自宅に招いた女子の行動に男がイラッとする瞬間

「うちくる?」――休みの日や、一緒に遊んだ流れで、気になる男性の家に急きょお呼ばれ。

「タイツ破れてないかな?」「メイク大丈夫かな?!」……なんてドキドキの身支度を整える前に、頭に入れておいて欲しいことがあります。
それは女性に比べて男性は“自分の空間にこだわりがある”ということ。これは脳化学的にも証明されています。
そこで今回は男性達に、女性を家に呼んだときにイラっとした出来事をインタビュー。4つにまとめてご紹介します。

「そこに座らないで!」マナー編


・「ベッドを椅子がわりにする人。汚いのでやめて欲しい」(美容師/25歳)
・「靴をそろえない子。マナーがない子だなって思います」(自営業/30歳)

どこに座ればいいのかわからなくて、とりあえずベッドに腰掛けちゃうことってありますよね。ベッドカバーがついていればいいのですが、布団だとすごくイライラするみたいです。
あとは靴! お酒が入っていると忘れがちですが“お育ち”が疑われてしまうので、キチンと揃えるようにしてくださいね。

「オレの宝物に触るな!」こだわりいじり編


・「『これなに〜?』とギターを触る子。うぉー! 壊れる〜! ってヒヤヒヤするのでやめてください」(IT関係/28歳)
・「フィギュアとか漫画をいじって元に戻さなかったり、位置を変える人。本当嫌です」(医療関係/29歳)

部屋にフィギュアや楽器などを置いている男性も多いですよね。ホコリがかぶっているように見えても、実は彼の宝物の可能性があります。
話のタネにはなるので「見てもいい?」などと一言かけてからにしてあげてくださいね。

「お姫さまかよ!」感謝&感激編


・「『これハンガーかけて〜』とか『飲み物は〜?』とか。招いてもらって当然みたいな態度にイライラしてしまいますね」(商社/30歳)
・「料理とかゲームとか、色々おもてなしの準備をしてたのに、何もリアクションがなかった。ちょっとぐらい感動してよ!」(大学院生/25歳)

EDITOR

YUE /プロップ・アイ

美容やグルメスポットの取材、恋愛リサーチ、編プロにて本の執筆、編集作業をしている。2012ミスアースジャパンファイナリスト ナッツマイスター。

関連記事