彼女扱いしてほしい! 「釣った魚に餌をやらない彼氏」への対処法

発言小町に、「恋人扱いしてくれない彼氏への対応は」という投稿が寄せられました。

トピ主さんは30歳女性。交際8か月の恋人(28歳)がいます。交際前はとても優しく、必死に口説いてきてくれた彼でしたが、いまや“釣った魚にエサをやらない"状態。トピ主さんは尽くすタイプで、彼は尽くされて当たり前といった雰囲気だそうです。最近は自分の時間を充実させてラクにお付き合いをしてはいるものの、時々とても不安になってしまうとか。「どうしたら、もっと恋人らしく扱ってもらえるでしょうか?」とアドバイスを求めています。

尽くしすぎると、恋愛はなぜうまくいかなくなるのか


尽くすタイプだと自己分析しているトピ主さん。「私は尽くしたいから、尽くせる相手がいて満足」「楽しいから尽くしているだけ」ということならば特に問題にはならないしょう。しかし、トピ主さんは彼に対して「もっと自分に関心を向けてほしい」と望んでいるようですね。投稿文を読んでいると、「尽くす私は間違っていない」という雰囲気も感じましたが、それは本当に、二人の間に幸せをもたらす行為なのでしょうか。

恋人に必要以上に尽くしてしまう女性には、「もっと私を好きになってほしい」「彼に認められることで、自分の存在意義や自信を得たい」「この恋を失うのが怖い」といった心理が隠れていることも、大変多くあります。「私はわりとモテるタイプで、男友達も多い」とのことですが、彼らは別に尽くさなくても、今のままのトピ主さんを好きでいてくれるし、優しくしてくれますよね。

ではなぜ、彼にだけは必要以上に尽くしてしまうのか。それは「もっと私に愛情を注いでほしい」という要求があったり、恋愛に自信のすべてを頼っていたり、「彼は私を好きでいてくれている」と信じきれない気持ちがあったりするから……とも推測できます。

自分は母親のようだという記述もありますが、多くの親は子どもに対して「自分に何かしてほしい」と見返りを求めません。子どもから連絡がないならば「元気にしているからだろう」と考えたり、「用もないのに連絡して、子どもの生活を邪魔したくない」と遠慮したりもするものですが、助けを求めてきたときは、必ず力になろうとするでしょう。トピ主さんの心にも、こういった親が子どもに対して抱く「相手の力になりたい」という愛情に似たものがあるのだろうとは思います。

関連記事