今年こそ結婚したい女子必読! 男が「結婚に気持ちがかたむくとき」とは?

今年中に結婚したい女子のみなさんは、ネット上にある「男子が結婚を意識してしまう女子の言動4選」というようなタイトルのコラムを熟読なさっているかと思います。
今回は、そういうコラムに書かれてある内容をもう少し深く、丁寧に見ていきつつ、「男が結婚に気持ちがかたむくとき」について迫りたいと思います。

男と仕事と結婚


社会に出た男にとって、なにがもっともしんどいかと言えば、言うまでもなく仕事です。
若いうちは、とても彼女に見せられないようなダサいかっこうをして、とにかく仕事を覚えなくてはならない。仕事を覚えて、あるていど稼ぎを安定させないと、結婚どころではない――こういうことではないかと思います。

あるいは新卒で入った会社がどうも肌に合わず、転職をしたいと思っている彼の場合は、事態がもっと深刻なはずです。
自分が生涯をかけてやりたい仕事って、なんだろう? と「自分探し的に」ぼんやりと考えている彼の場合は、もっともっと事態が深刻であるはずです。

社会と折り合えるとき


女子もおなじかもしれませんが、自分と社会(仕事)とがうまく折り合えないと、生きている心地がしないものです。

だから、男子が結婚を意識するときというのは
・自分なりに、自分の今の仕事でどうにか生きていけると思えたとき
・いわゆる「自分探し」的に職を探していても、彼女が自分の生き方を応援してくれているのがわかったとき

のいずれかではないでしょうか。

出世したら結婚する男と「月収100円」で結婚する男


芸能人でわりとよく見るのが、男のほうが出世したときに結婚するパターンです。
お笑い芸人さんのなかで、売れない時代(お給料が100円の時代)からすでに結婚していた、というケースは、「彼女が自分の生き方を応援してくれているのがわかった」から、早々に結婚したのでしょう。

ネット上には、女子向けの恋愛コラムがたくさんあります。
そういうコラムを集めているアプリもたくさんあります。

関連記事