「こんな女は嫌だ!」 男がお泊りデートでして欲しくないこと

「やっと彼と結ばれたのに、なんか前のほうが盛り上がって……た?」

好きな彼と深い仲になったのにそんなふうになってしまう原因は、「一夜を共に過ごしたときのあなたの振る舞い」にあるのかもしれない! 今回は「男性が泊まりデートで彼女に絶対して欲しくない行動」を男性陣にリサーチしたので、その後“盛り下がってしまった……”なんてことにならないようにして欲しい。

1.裸でウロウロ


・「もしかしたら色気アピールなのかもしれないけど、コトが済んだあとや入浴後に裸でウロウロするのは止めて~! 明るいとこでマジマジと見ちゃうと、なんて言うか『もうおなかいっぱいです』みたいになっちゃって……。性欲が沸くどころか萎える。いくら親しくなっても恥じらいとかは持ってほしい……」(30代・金融)

・「女優やモデルならあり得るだろうけど、明るい蛍光灯のもとに耐えられる体を持った女なんてそうはいないよ。『コイツ意外と毛深いなあ』とか『そんなとこに肉付いてるんだ……』とか現実に戻されるから、部屋を全裸で歩き回るのは勘弁してほしい」(30代・メーカー)

……男性たちが「やめてくれ!」と最も回答したものがコレ。女性側からすれば「むしろ見えて嬉しいよね~?」などと勘違いしているならなおさらウンザリだ。
たとえ行為のあとでも、男性にとっては「恥じらいがない」女性というのは好ましくないのである。
また二つ目コメントの男性が回答しているように、一般の女性の肉体には“粗”があるもの。その欠点さえも愛しく思われるほど深い付き合いになるまでは、「裸でウロウロ」は避けたほうが無難だろう。

2.スッピンが別人


・「すごく好きだった女性といざベッドイン!ということになり、そこそこ高級なホテルへ。シャワーを浴びて戻ってきた彼女の『お待たせ~♪』って声に生ツバごっくんで振り返ったらビックリ……。メイクをしていない彼女はマジで俺の知らない人だった! 『え? え? え~~~っ!』ってものすごく混乱したけど、まさか今さら『顔が違い過ぎ!』だなんて言えず……。とにかくやることだけはやったけど、なんか釈然としなかった。結局その子とは長続きしなかったなあ」(40代・スポーツ関連)

関連記事