ほんとに後悔しない? フリーターの彼氏と結婚する際に考えたいこと

「彼が20代後半になってもずっとフリーターで……。私は結婚したいんだけど、やっぱり未来が見えないんだよね……」
正社員になりたくてもなれない人。夢を追いかけている人。働く意欲がわかない人……などなど様々な理由から、昨今の日本では”フリーター“と呼ばれる人が、バブル時と比べ増加していると言われています。もちろん「フリーターだから悪い」とは思いません。しかし結婚を考える女性にとって、彼が定職につかないというのは将来に大きな不安を感じてしまいます。
今回はそんな「定職に就かない彼との結婚」について考えてみたいと思います。

1.子どもができたら?


・「もともと転職を繰り返す彼だったのですが、3年以上付き合ったということもあり、彼とゴールイン。そしたら彼はなんと結婚後半年で仕事を辞めてしまって。最初のうちは職探しをしていたのですが、転職ばかりしている彼にそう簡単に仕事が決まるはずもなく……。今は貯金と私の給料で何とかなっていますが、これで子どもができたらどうするつもりなの? と今から恐怖を感じています」(30歳/一般事務)

旦那と自分だけだったら、彼が定職につかずとも何とかやっていけるかもしれません。でももし子どもができたらそうはいかなくなります。正社員で働いている女性も色々な原因が折り重なって、いずれは退職しなければならないということも考えられるでしょう。そんな時に一家の大黒柱の稼ぎが不安定では、家庭は見る見るうちに崩壊していきます。定職につかない彼にはまず「結婚してもし子どもができたらどうする?」と聞いてみましょう。

2.病気になったら?


・「飲食店でアルバイトをする彼の給料で細々とした生活をしていた。しかしある時彼が病気になってしまって。当たり前ですが、時給制のフリーターは働いた分しかお金が入らない。その月は彼の収入がほぼゼロでした。これからさらに歳をとって働けなくなったら、私たちの生活はどうなるんだろう……と不安に思ってしまいましたね」(27歳/パート)

EDITOR

平成生まれ。フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・美容について執筆中。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」

関連記事

今、あなたにオススメ