男子がドン引きする「女子からの告白」4パターン

メディアの報道を見ていると、今の草食系男子は恋をしないとか、恋というものに鈍いということになっているようです。
でも女子に「それとなく」告白されている瞬間というものは、どんなに鈍い草食系男子だって「おれは今、この女子から告白されている」と気づいているものです。
今回は、男子がドン引きする女子からの告白に迫ります。
さっそく見ていきましょう!

1.「酔っぱらっちゃったからトイレ貸して」


「肉食系女子と一緒に飲んで、一緒に帰っているときに、ぼくの家のそばで彼女はシラフみたいな口ぶりで『酔っ払ったからトイレ貸して!』と言いました。ぼくの部屋にあがりたい口実だろうと思いましたが、どこからそんな知恵に溢れた口実が出てくるのか、かなりドン引きしました」(27歳・IT)
マジメな男子って、女子の知恵にドン引きする傾向にあるのかもしれません。女子の知恵って、男には思いつかないほど、巧妙な恋心に溢れていたりしますもんね。
そういうものに対する耐性がない男子の証言、ということでしょう。

2.「今度、両親に……」


「つきあって2カ月くらいのときに『今度、わたしの両親に会ってよ』と彼女に言われました。早すぎです」(25歳・通信)
こういうのは、ドン引きされても積極的に会わせておくといいのではないでしょうか?
ドン引きするのは男の勝手であって、信用のおける人に会わせておくと、なにかとことがうまく進むことのほうが多いのではないかと思います。
仕事のやり方についてもおなじことが言えるかと思います。

3.「彼女がいてもいいからつきあって!」


「**君に彼女がいてもいいから、とにかくつきあって! という告白のパターン。女子の殺気を感じてドン引きします」(25歳・建築)
男の著者からすれば羨ましいパターンです。

4.「つきあったらいつも不倫だった」


「つきあった次の日、彼女から『あたし、つきあったらいつも不倫だったから、**君とつきあえてよかった。**君、結婚ってしたことないよね?』と言われました。おっかないです」(27歳・広告)

EDITOR

ひとみしょう

作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ