女優をディスるのは絶対タブー!? 彼氏とAV鑑賞する際のお作法

つい先日、仕事関係の知人女性から、プライベートな相談を受けました。お付き合いをしている男性から、「AVを観よう!」と提案されたとのこと。何事も、明日は我が身! 愛する男性から、AV鑑賞された際の対処法を考察していきましょう。

誰かとAV鑑賞って滅多にない機会!


知人女性の、「どう思います?」の問いに対して、筆者の率直な意見は、「それはお珍しい!」でした。39年間“オンナ”をやっている筆者ですが、男性から「AV観ようぜ!」と提案されたことは、記憶違いでない限り、一度もないです。そりゃ、入室したラブホテルで、既にAVが流されていて、なんとなく一緒に観た経験はありますよ。ですが、わざわざ観ようと言われたのは、せいぜい高校の頃の、部活の遠征で泊まった旅館くらい(よくある、一つの部屋に集まって、先生にバレないようコソコソ見るシチュエーションです)。

ノリノリで賛同はご法度


そう考えると、わざわざ「AVを観よう!」と提案してくる男性は、レアな存在といって良いでしょう。この貴重な機会を逃すのはもったいないです。何事も経験と捉え、仲良くAV鑑賞しましょう。とは言え、最低限の恥じらいは必要不可欠! あまりにもノリノリで、「良いね、私はぶっかけ作品が観たい!」では、相手男性をビックリさせてしまいます。まずは、「ええっ、AV!?」と、戸惑う小芝居を。

相手男性の性嗜好を知る良いチャンス


せっかくですから、相手男性のAVライフに探りを入れるのも一興です。「○○君って、普段AV観たりするの?」と質問を。責め系の詰問ではなく、あくまでも素朴な質問として訊ねてくださいね。「たまには観るよ」など、何らかの答えが返ってくるでしょう。そこから、「どういうのを観るの?」と、話題を拡げることが可能です。相手男性の性的嗜好を知る、良いきっかけになるでしょう。

逆に、「女性はAV観るの?」と、質問返しされるかもしれませんね。これに関しては、正直に答える流れでよろしいかと。全く観ないなら、「観ないけど、観たい気もする」と、軽めの積極性を醸し出してくださいね。普段観る女性は、「観ないことはない」など、照れ隠しのニュアンスを含ませると可愛いですよ。

感想はポジティブに!


EDITOR

菊池美佳子

1977年3月17日生まれ。岩手県盛岡市出身。21歳~29歳まで、舞台女優のかたわら、様々なナイトワークを体験。29歳で引退後、コラムニストに転身

関連記事

今、あなたにオススメ