「彼に嫌われちゃったかも…」と不安になった時の対処法

先日スピードワゴン小沢さんが、対談番組にてこんな興味深い指摘をしていました。「女の子は、冗談でも『嫌い』と言うと『そうだよね……』とすぐ信じる。逆に、本気で『好き』と言っても、『嘘〜』などと言って、なかなか信じてくれない」と。これは確かに納得の意見ですよね。男性が割と好意的に思っていても、「好かれている自信」を持てないでいる女性は非常に多いです。でもあまり過度に「嫌われちゃったかも!?」と思い込みすぎると、本当に恋の終わりが来てしまうこともあるのです。

「嫌われちゃったかも!?(涙)」は、悪循環を引き起こす!?


たとえば、彼の反応が悪い、無視やスルーをされたとき。女性は「嫌われちゃったかも!?」と悲観的になりやすいですよね。そして「自分の行動の何が悪かったんだろう?」と思い始める。そのような反省モードが長引けば長引くほど自信を失っていき、ネガティブになり、笑顔も失ってしまう。言動が不安定になったり、卑屈な態度が増えたりもする――。その結果、彼を幻滅させたり、魅了することができなくなったりしてしまい、恋が暗礁に乗り上げる。そんな悪循環が起こりがちです。

女性が「嫌われちゃったかも!?」と悲観的になりやすいのは、本当に嫌われるかもしれないダメージに備えているからでしょう。そして、『愛しているから大丈夫だよ』と誰かに慰めてほしい気持ちもある。冒頭の続きで、小沢さんは「愛されているって信じないからこそ、女の子には『好き』って言い続けてあげなきゃダメだよね」なんて色男発言をしていましたが(笑)、現実世界でそんな行動をしてくれる男性は少数ですよね。「嫌われちゃったかも!?」で自滅しないためにも、自分の思考の癖を直す努力をしておくのがおすすめです。

さっと謝ったら引きずらない。「ま、そのうち機嫌治るでしょ」を合言葉に


彼の態度や機嫌がよくない(ように見える)のは、本当に自分だけが原因なのか。「嫌われちゃったかも!?」と思うときは、まずその点を冷静に考えてみましょう。男性は女性のように四六時中、恋愛のことばかり考えていない方も多いです。そっけなく見えるのは単に仕事や別のことに意識が向いているだけ……ということもしばしば。もちろん、女性の言動が原因で不機嫌になっている場合もあるでしょうが、一瞬イラっときたとしても、ちょっとバツが悪い(気恥ずかしい)から避けているだけ、あるいは用がないから連絡してこないだけで、実際そんなに長くは引きずっていない、なんてこともあります。

関連記事