結局のところどうしたら良いわけ? 出会いの春に好印象をつくる5つの心得【イラスト】

いよいよ、春です。上京したり転職したり、人と人とが離れたり出会ったりするこの季節。
涙の別れも時間が解決! しばらく新しい環境ですごせば新しい感情が芽生えたりするものです。
そのためには良い出会い、良い環境づくりがたいせつなわけで。大事なのは第一印象とよく言うけれど、結局のところどうしたら良いわけ? ってことで上京9年目の小鳥遊が思う部分を書いてみました。

気をつけるべきは服装よりも、心の装い



ギャップ萌えってことばがあるじゃない? 見た目とちがう一面にひとは弱いというお話。
あれはよくできていて。例えば、いかついファッションの子がめっちゃ人懐っこくニコニコしてたら「あぁなんだ、いいひとなのか(ホッ)」ってなるよね。そして逆もしかり。ほわほわモテ系女子ってかんじの子なのにめっちゃ態度が悪かったら、それはもう最悪の光景。アレです。ギャップ萎えです。服装で中身を判断することってあるとは思うけど、それだけで何かが保証されるわけじゃなくて、結局のところ中身でしょう、って話。そしてギャップ萌えを利用すれば「第一印象はくつがえすこともできる」と思うのです。人ウケを気にして服装を選ぶより、すきなもの着て挑めば良いと思うの。大事なのは自分がひとに嫌われる言動をとっていないか客観視すること。あ、最低限の清潔感とかは大事ですよ。


メイクの工夫より、笑顔の工夫



愛嬌って最強! と思うのです。笑顔のステキな女子はほんとみんなから愛されると思うのです。
どんなに上手くメイクをしても、上手に笑えないなんてもったいない! 笑顔に失敗も成功もないのでとにかくたくさん笑って過ごすことをおすすめしたい。その上で、ひとの目を見て話す。話をちゃんと聞く。気の利いたことなんて言えなくても、それだけで愛される資格は十分にあると思うのです。メイクについてあえて言うなら「顔色、肌質、目の表情、唇のうるおい」。流行りを追うだけじゃなく、自分の顔に足りない要素はなんだろうということを気にできるかが大事。


きれいな言葉は損をしない



関連記事