ただ片付けておくだけじゃもったいない! 「もう使わない香水」の活用術

あなたの家にもありませんか? 「もう使わない香水」! どう使えばいいか分からず、誰かにあげたりオークションで売ったりするのも難しく、結局場所を取ってしまうのが、この「もう使わない香水」。ですが、プライベートから仕事まで、こーんな使い方があるのです!

1.プライベートで使える、細部まで女子度アップ


デートでも女子会でも、必ず持ち歩くハンカチ。ここに1~2滴、香水をたらしましょう! ハンカチを使うたびに香りが広がるため、心地よい気分にひたれちゃいます。キレイにアイロンがけされたハンカチにほのかに漂う香りで、気持ちの女子度もアップできますよ。また周りから、「細部まで気を抜いていないね」と高評価につながるかもしれません。

それからもう1つ。夏限定ですが、扇子にたらすのです。あおいだときにほのかに香りがするため、暑さもココロも和らぎます!

2.仕事で使える香水リフレッシュ


仕事編としてオススメしたいのはこんな使い方! プライベートと同様ハンカチを使いますが、用途別に香りを使い分けるのです。疲れたとき用の甘い香り、スッキリさせたいとき用のフルーツ系、プレゼンや面接など大きな仕事が待っているときのクール系……。

それから、疲れてくると足がむくんだり、血流が悪くなったりしてきますよね。体の変化を感じると、気分もだるくなってしまうもの。そういうときには、甘めの香りがオススメ。ふと一人の女子に戻れるため気分が和むのです。

昼食後の眠気や生理前など、何となく気分が優れないときはフルーツ系をチョイスして。果物の香りが気分をスッキリさせてくれますよ。それから、大きな仕事など気合いを入れたい日はクール系で! 気持ちがぐっと引き締まります。

3.寝る前に一吹きで深い眠りへ


寝る前の枕に一吹きするのもおすすめ。その際は枕カバーを使い、そこに一吹きしてくださいね。枕自体ですと洗濯が大変になってしまいます。

こうして一吹きすると、枕元に良い香りが漂うため、ぐっすり眠れます。しかも香りをよく吸い込もうとするため、自然と深呼吸に! すると、心拍数も下がりますし、副交感神経だって働きます。つまり、香りの良さと良質な睡眠の両方が手に入るのです。明日の自分がキレイになるかも? そんなテクニックなのです。

4.ボトルを並べてインテリアに


関連記事