やっぱり男子にリードしてほしい! 女子が少女漫画的シチュエーションを求めるワケ

ある夜、ぼーっとテレビを観ていると、恋愛バラエティがOAされていました。「あー、女の子が好きなやつね、うんうん」と思いながら観ていたのですが、そこにちょっとした違和感を覚えたのです。違和感というか、古くささ、といったほうが正しいでしょうか?

その番組は「LAST KISS~最後にキスするデート」。知っている人も多いと思いますが、簡単に言うと、「初対面の芸能人の男女が、一日デートをし最後にキスをする」様子を撮影した、疑似恋愛バラエティ。一度スペシャル番組として放送した際、「もっと見たい」との声が相次ぎ、その後シリーズ化されました。

番組の流れを順に説明しましょう。

最後にキスするデート……


まず、若い女性芸能人がひとり男性芸能人を待つところから始まります。そこに、男性芸能人が登場し、二人は互いに自己紹介をします。彼らはほとんど初対面。そこではじめてお互いのことを知ることになります。

その後、デートが始まるのですが、ここで注目したいのはデートプランを立てるのは完全に男性側であること。デート中も男性がすべてをリードし、女性が楽しめるよう気を遣います。女性側は基本的に受け身のままで、男性側のリードによってデートを楽しみ、その結果としてふたりが打ち解けていく流れとなっています。

女性が男性に対して警戒心を解いていく一連の流れは、女性側の事後インタビューが何度も挟み込まれることによって表現されています。

そして、さらに注目したいのは「最後にキスする」こと。これがデートの最大のミッションです。番組では何度も「キスまであと6時間」といったことをアピールし、キス寸前の映像を流すなど、視聴者の期待をあおります。そして、最後にキスするのはもちろん、素敵なデートスポット。「キスまであと30分」!ふたりの間にはロマンチックな空気が流れ、ついには……!

と、ここまで読んできて、何か不思議に感じないでしょうか? いまどき、男性がすべてをリードって……? いまどき、キスってそんな大したこと……?

関連記事