ぶっちゃけ、彼とのHじゃイケません! 彼と一緒に気持ちよくなれる人がしている3つのコト

大好きな彼とのコミュニケーションでとても大切なのが、セックス。そんな彼との性活をより楽しむために、セックスライターのべっつぃーさんがarwebに登場♡

一人でする時はイケるのに、彼とのセックスじゃイケない・・・。そんな悩みを抱えている女性も多いのではないでしょうか?彼とのセックスでより気持ちよくなれる3つのコツをお教えします!

これまでの連載はコチラ


ぶっちゃけ、彼とのHじゃイケません! 彼と一緒に気持ちよくなれる人がしている3つのコトの1枚目の画像

「ひとりでする時には毎回イケるのに、彼とのセックスでは一度もイケない…」というのには3つの理由があります。それは、

1、刺激する場所が違う

多くの女性は一人でする時、外(クリトリス)の一点集中であることが多いです。

でもセックスの時に外を集中的に刺激してもらえるとは限らないんですよね。

外と中(膣内)、胸など複数の箇所を自分の好みでミックスしている場合も、彼が全く同じ場所を愛撫してくれない限りイケません

2、時間の長さが足りない

セックスでの女性の不満で多いのが、前戯が短いということです。

一人でする時には、まず頭の中でイメージを膨らませ、頭と体が興奮状態になったら効率的な方法でサクッとイっている人が多いと思いますが、セックスでは、キスして胸を触って、まだ体が興奮状態になっていなくてもアソコをちょっと触ってすぐ挿入。

やっと気持ちよくなってきたかも…という頃には相手がイってしまって終了。

これではイケる確率はかなり下がってしまいます。

そして、女性がイクためには、特に気持ちいいと思う場所を継続して刺激し続けることが必須なんですが、前戯中や挿入中に「気持ちいい所に当たってる!」と思っても、すぐに別の場所を刺激し始めてしまったり、体位をコロコロと変えられたりすることもイケない原因になります。

3、リラックスできない

「セックスの時にリラックスするってどういうこと?」と思うかもしれませんが、実は女性がイクにはある程度のリラックス状態になることが必要なんです。

極度の緊張や、妊娠や病気に対する不安によってイキにくくなることもあります。

これではセックスでイケないのが当然な気がしてきますよね。

ではセックスでイケる女性はどうしているのでしょうか。


①刺激する場所を教える

「ココをこんな風に触って」「たくさん舐めて」「ココも同時に」と少しずつ伝えて自分の好きな場所を教えていくのが一番なんですが、恥ずかしくて言えなかったら、外がいいのか中がいいのかだけでも伝えてみるといいと思います。

外派なのに中ばかり責められているのなら「外の方が好き」って言ってみるだけでも前戯の時間配分が変わるかもしれません。

「クリトリスもっと触って(舐めて)」ってダイレクトにお願いすることや、挿入中に勝手に自分で触り始めるのも、勝手に腰を振って好きな所に当たるようにすることも、実は結構喜ばれるんですよ。

中派の人は、指で触られている時にイイ場所に当たった瞬間に「そこ!」とお知らせしましょう。

好きな体位の時に特に反応を良くして印象付けるのもいいです。


②時間配分をコントロールする

①の方法で自分の好きなことを伝えてそれを実践してもらうだけでも前戯の時間は自然と長くなります。

更に、気持ちいい時には「それ好き!」「やめないで」「このまましたらイっちゃうかも」と口走り、気持ちいい所は長く愛撫して欲しいことを伝えてください。

挿入中も同じように「この体位が一番気持ちいい所に当たる」「まだ(体位)変えないで」と主張していきましょう。


③リラックスする

意識してリラックスできるものではないですが、見られることに緊張するなら少し照明を落としてもらったり、挿入する時には最初からコンドームを装着してもらい安心したりすると緊張や不安も緩和できます。

相手に任せっきりの無言セックスよりも、お互いが①②のように気持ちいい場所やして欲しいことを言葉で言い合うことも相手への信頼につながるので、遠慮せずに素直に言ってみましょう。

初めはお願いすることに罪悪感や恥ずかしさを感じるかもしれませんがすぐに慣れますよ。


これまでの連載はコチラ

Betsy(べっつぃー)

セックスとメタルと米を愛するセックスライター。女性がいかにセックスを楽しむかをテーマに「ちょっとだけbitchな生き方(仮)」というブログを執筆中。恋愛メディアAM(アム)で「素敵ビッチのたのしい性活」好評連載中。Twitter:@BitchyBetsy

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡